FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

第11台湾茶講座ー4回目

                      第11期 台湾茶講座―第4回目にて
       
 第4回目の台湾茶講座でまず私は 「武夷茶」の2013年冬産と2000年の老茶、そして2014年春産の大禹嶺高山茶の「清香」と「炭香」 を淹れさせていただきました。どれも美味しく、特に2013年冬産の「武夷茶」と2014年春産の大禹嶺「炭香」は全員から大好評でした。「武夷種」に付いては現在台湾で栽培されているのはほんの僅かで、武夷種が台湾に移植されたのは約150年前と言われています。非常に濃厚な味わいの後、舌の奥から甘さが湧き上がってきて口全体に広がります。

 最後の実践では思源唖口高山茶の製造工程の違いにより「軽発酵、無焙煎」「重発酵、軽焙煎」、「重発酵、重焙煎」を皆様に淹れていただき、飲み比べました。「香り」と「滋味」はそれぞれ特徴があって、製造工程の違いにより味の変化はこんなに違うと皆様から驚きの声が上がりました。

          思源唖口高山茶 

            いつも大変暑い中、講座にお越しいただいている皆様、
        暑中お見舞い申し上げます。 そして心より感謝いたします。 
  
                  
  1. 2014/08/03(日) 10:11:17|
  2. 台湾茶講座

第11期 台湾茶講座 2回目の講座

                     第11期 台湾茶講座 第2回目の講座にて

 第2回目の講座では私が5種類の台湾茶を淹れた後、最後皆様ご自身でお茶を淹れて飲み比べの実践をいたしました。
 
 今回の実践では同じ鉄観音品種で「木柵」、「宜蘭県南澳飯包山」、「南投県奥萬大山」の産地別で飲み比べました。環境や製茶手などの違いにより味わいや香り、形状などそれぞれの特徴、個性がありとても面白かったです。

 この講座ではリピーターの生徒さんが多くご参加されていますが、毎回新しい発見もありいろんな素晴らしいお茶と出会う講座であります。台湾茶講座にご興味がある方、是非一度受講されてみてはいかがでしょうか?
                       無我茶館【中国茶 台湾茶販売】  
          11期台湾茶 2回目講座
  1. 2014/07/13(日) 13:44:25|
  2. 台湾茶講座

第11期、台湾茶講座が開講いたしました。

                     第11期、台湾茶講座が開講いたしました。

 毎回、ご好評いただいております台湾茶講座が、土曜日クラス、月曜日クラス共に新規開講をいたしました。この講座では台湾茶専門家―「張位宜」老師が自ら農家でお茶のテイスティングを行ない、お勧めしていただいた高級茶、そして入手困難である受賞茶、有機茶、珍しいお茶、ランクごと品種ごとの品評などの聞き茶を講座の内容に盛り込んでおります。
 今回の講座は6月からのスタートという事で、2014年春新茶を中心に講座を進めて参りたいと思っております。そして春から夏に掛けての季節に美味しくお召し上がりいただける台湾冷茶もご紹介させていただく予定です。全7回の講座で台湾春茶・夏茶・秋茶・冬茶(季節ごとの違い)、清香・濃香・蜜香・炭香(製造工程の違い)など45種類もの台湾茶を試飲していただきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

         台湾茶講座3回目 木柵2
             木柵鉄観音茶の春・夏・秋・冬茶の飲み比べ(※第10期講座)
  1. 2014/06/08(日) 09:54:27|
  2. 台湾茶講座

第11期「台湾茶講座」を新規開講いたします。

                          第11期 「台湾茶講座」 
                      2014年6月より新規開講いたします!
                   土曜クラス、月曜クラス共に10:00~11:30<全7回>   
 

 皆様より毎回ご好評いただいております「台湾茶講座」が2014年6月より新規開講いたいます。この講座では台湾茶専門家―「張位宜」老師が自ら農家でお茶のテイスティングを行ない、お勧めしていただいた高級茶、そして入手困難である受賞茶、有機茶、珍しいお茶、ランクごと品種ごとの品評などの聞き茶を講座の内容に盛り込んでおります。今回(第11期)の講座は6月からのスタートという事で、春から夏に掛けての季節に美味しくお召し上がりいただける台湾冷茶もご紹介させていただく予定です。全7回の講座で台湾春茶・夏茶・秋茶・冬茶(季節ごとの違い)、清香・濃香・蜜香・炭香(製造工程の違い)など45種類ものを試飲していただけますので、初めて中国茶に触れられる方にも、長い間中国茶に親しんでおられる方にも、大変興味深い内容の講座となっております。もちろん台湾茶に関する種類や知識、茶葉の保存方法や品評茶なども奥深く学んでいただき、淹れ方に付いての実践研修もございます。各クラス共に6名定員となりますので、ご興味がある方は是非お早めに無我茶館までお問い合わせくださいませ。

                 ★2014年6月7日より<土曜クラス>が開講。(※キャンセル待ち)         
                 ①6月7日(土) ②6月21日(土) ③7月5日(土) 
                 ④7月26日(土) ⑤8月9日(土) ⑥8月23日(土) 
                 ⑦9月6日(土)  【合計 7回】 
                      

                  ★2014年6月2日より<月曜クラス>が開講。。(※キャンセル待ち)               
                 ①6月2日(月) ②6月23日(月) ③7月7日(月)
                 ④7月28日(月) ⑤8月11日(月) ⑥8月25日(月)
                 ⑦9月8日(月) 【合計 7回】
             
      
                ※受講料:全7回 29,800円(茶葉代・教材費込み。)    
                 入学金: 5,000円(蓋碗・茶杯2個付き)
                (入学金は無我茶館で初めて受講される方のみ) 
                台湾茶会写真
  1. 2014/05/16(金) 09:03:24|
  2. 台湾茶講座

第10期 台湾茶講座が終了いたしました。

                    第10期 台湾茶講座が終了いたしました 

 昨年11月より始まりました第10期「台湾茶講座」が土曜日クラス、月曜クラス共に全課程を終了いたしました。ご参加いただいた皆様、大変ありがとうございました。今回の講座では全課程を通じて台湾四大銘茶(文山包種、凍頂烏龍茶、木柵鉄観音、東方美人)、受賞茶、高山茶、そして味わいの違いによる各種台湾茶<清香、蜜香、濃香、炭香>などのご紹介は勿論のこと、「東方美人茶」のお湯の温度(高温・中温・低温)による味わいの違い、「文山包種茶」の季節(春茶・秋茶・冬茶)による味わいの違い、「木柵鉄観音」の焙煎度合い(軽火・中火・重火)による味わいの違い、「日月潭紅茶」の品種別(原生種・紅玉種・アッサム種)による味わいの違いなど、皆様が実際に個々の茶器を用いてそれぞれ異なるお茶を淹れて飲み比べを行う授業を重点的に行って参りました。そうすることによりお茶の持つ性質、特徴などをより分かりやすく感じて頂けたご様子でした。私自身も皆様が淹れて下さったお茶を試飲し、そのお茶の持つ特徴などを感じ取る事が大変大きかったです。そして最後の授業終了後には、何名の生徒様から次回開講時にも引き続きご参加を希望されるお問い合わせもいただきとても嬉しく思っております。次回、第11期台湾茶講座では2014年春新茶を重点的にご紹介させていただく予定です。また引き続き、実践飲み比べの授業も重点的に行いたいと思っております。
      10 期台湾茶文山包種第10期台湾茶木柵鉄観音
                     文山包種と木柵鉄観音生産時期別の飲み比べ
     
  1. 2014/03/20(木) 09:49:01|
  2. 台湾茶講座

台湾茶講座ー第3回目

                      台湾茶講座-第3回目  

 今年最後の講座となる「台湾茶講座」(第3回目)講座が終了いたしました。第3回目の講座では四大銘茶の文山包種と木柵鉄観音茶の新茶、老茶そして受賞茶を中心に、合わせて9種類をご紹介させていただきました。木柵鉄観音茶の製茶方法の違い、季節の違い、工程の違いによって味も香りも異なる特徴に皆様は大変勉強になられたご様子で、味わい深い木柵鉄観音茶の飲む比べを愉しんでおられました。

      台湾茶講座3回目 受賞茶
文山包種2013年冬新茶<優良奨>(青心烏龍種)、1989年老茶(青心烏龍種)。老茶の深みに感動されました。

      台湾茶講座3回目 木柵2
   木柵鉄観音2012年冬茶、2013年春受賞茶、2009年秋茶、2013年秋産蜜香を飲み比べ致しました。
  受賞茶の甘みとコク、そして冬茶と秋茶の味の違い、蜜香鉄観音茶の蜜のような甘さに感銘を受けました。

      台湾茶講座3回目 文山包種 生産時期別
最後の実践では二つのグループに分かれ、文山包種生産時期別―2013年の春茶、秋茶、冬茶飲み比べを行いました。それぞれ特徴があって、大変面白かったです。
  1. 2013/12/19(木) 18:07:15|
  2. 台湾茶講座

第10期 台湾茶講座が開講いたしました。

                    第10期 台湾茶講座が開講いたしました。 

 本日より新たに台湾茶講座の月曜クラス、一昨日からは土曜クラスが開講をいたしました。今回の講座では受賞したお茶(年代別・季節別・ランク別)から有機茶、さらに高級茶や珍しいお茶などの聞き茶を講座の内容に盛り込んで行きたいと思います。また2013年の台湾冬新茶及び冬の受賞茶もご紹介させていただく予定です。 全7回の講座で台湾春茶・夏茶・秋茶・冬茶(季節ごとの違い)、清香・濃香・蜜香・炭香(製造工程の違い)などたくさんの台湾茶をご賞味いただきますので、ご参加の皆様楽しみにしてください。

     受賞茶
                          受賞茶
   (文山包種・凍頂烏龍・木柵鉄観音・東方美人・日月潭紅茶・韻紅紅茶などの年代別・ランク別の
         受賞茶をご参加の皆様とご一緒に味わって行きたいと思います。)
  1. 2013/11/18(月) 14:39:47|
  2. 台湾茶講座

第10期 「台湾茶講座」を新規開講いたします。 

                      第10期 「台湾茶講座」 
                   2013年11月より新規開講いたします!
               土曜クラス、月曜クラス共に10:30~12:00<全7回>   


 台湾茶専門家、「張迺妙茶師記念館」館長である張位宜老師が自ら農家でお茶のテイスティングを行ない、お勧めしていただいた高級茶、受賞したお茶、有機茶、珍しいお茶、ランクごと品種ごとの品評や、機械摘みと手摘みの違いなどのお茶の聞き茶を講座の内容に盛り込んでおります。今回は11月からの開講ということで、2013年の台湾冬新茶及び冬の受賞茶も入手し、講座でご紹介させていただく予定です。 全7回の講座で台湾春茶・夏茶・秋茶・冬茶(季節ごとの違い)、清香・濃香・蜜香・炭香(製造工程の違い)など45種類ものを試飲していただけますので、初めて中国茶に触れられる方にも、長い間中国茶に親しんでおられる方にも、大変興味深い内容の講座となっております。もちろん台湾茶に関する種類や知識、茶葉の保存方法や品評茶なども奥深く学んでいただき、淹れ方に付いての実践研修もございます。各クラス共に6名定員となりますので、ご興味がある方は是非お早めに無我茶館までお問い合わせくださいませ!

               ★2013年11月16日より<土曜クラス>が開講。(※キャンセル待ち)         
             ①11月16日(土) ②11月30日(土) ③12月14日(土)
             ④1月18日(土)  ⑤2月15日(土)  ⑥3月1日(土)
             ⑦3月15日(土) 【合計 7回】 
                      
               ★2013年11月18日より<月曜クラス>が開講             
             ①11月18日(月) ②12月2日(月) ③12月16日(月)
             ④1月20日(月)  ⑤2月17日(月)  ⑥3月3日(月)
             ⑦3月17日(月) 【合計 7回】            
 
      
              ※受講料:全7回 29,800円(茶葉代・教材費込み。)    
               入学金: 5,000円(蓋碗・茶杯2個付き)
              (入学金は無我茶館で初めて受講される方のみ) 
    製茶違いの飲み比べ  老茶飲み比べ
   製造工程の違いによる飲み比べ(炭香・濃香・清香) 年代別による飲み比べ(2000年、2004年、2013年) 
                      無我茶館 王 愛慧
  1. 2013/11/01(金) 14:16:47|
  2. 台湾茶講座
前のページ 次のページ

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する