FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

祁門紅茶

                           祁門紅茶
  祁門紅茶は「祁紅」とも呼ばれています。中国を代表する紅茶。黄山西南の安徽省祁門県から産出します。毎年の清明節前後から一芯一葉ないし、一芯三葉を茶摘み、夏茶は評価が高いとされます。新鮮な茶葉の質によって等級を決めます。特級祁門は一芯一葉、または一芯二葉を主とします。祁門紅茶の特徴は外形が細く長く締まって、黄金色の毫が見え、ツヤのある黒色になります。出した茶湯と茶葉は明るい赤色になります。ランクが下ると、だんだん葉が粗く、黄金色の毫もだんだん少なくなり、ツヤも少なくなります。
  祁門紅茶は1875年以来、中国の伝統的な輸出品となり、インドのダージリン、スリランカのウバと並んで世界三大紅茶と称されています。
 
 
         qimen4.jpg
                          一級祁門紅茶

         qimen2.jpg
                           二級祁門紅茶

         qimen3.jpg
                           三級祁門紅茶
           無我茶館ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~mugackn/
スポンサーサイト



  1. 2007/12/05(水) 17:40:24|
  2. 大陸茶のご紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「東方美人茶藝隊」デビュー | ホーム | 毛茶(荒茶)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mugachakan.blog41.fc2.com/tb.php/86-7f788313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する