FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

なぜ高山で良いお茶ができるのか?

                 なぜ高山で良いお茶ができるのか?
  高山茶とは、標高1000メートル以上で生産されたお茶のことです。最近、日本でも人気の高い台湾高山茶も標高1000メートルを超す茶区で栽培された烏龍茶です。凍頂烏龍茶を抜き、現在は台湾烏龍茶のトップブランドとなっています。中国では、高山緑茶の栽培も開発しています。
 陸羽の『茶経』によると、「茶樹の育つ土壌としては、上(じょう)の爛石(らんせき)(石灰岩、砂岩などが風化してぼろぼろにくずれたもの)、中(ちゅう)の礫壌(れきじょう)(小石まじりの土)に生じ、下(げ)のものは黄土に生ずる]とあります。なので、茶樹の栽培は土壌、温度と日照に深く関っています。土壌は茶樹の生長の基礎となり、茶樹の栄養分と水分を吸収するのに直接関係があります。ですが、茶葉の品質に影響する主な要素は、土壌と土壌の酸性度(PH値)であります。茶樹の成長はPH値3.5~6.5の酸性度土壌がよいとされます。しかし、茶葉の品質に最も有利なPH値は4.5~5.5の間であります。温度については、茶樹は春出芽の温度は平均8℃~10℃、成長温度は10℃~35℃。最も成長が最適な温度は18℃~25℃です。同種の茶樹の春茶と夏茶の品質区別は温度であります。春の温度が低いため、アミノ酸と蛋白質が形成しやすく、日照は霧に覆われる高山に、茶樹が副射光に照らされるので、芽生えが早くて、茶葉がふっくらと柔らかく、栄養成分も豊富に含まれています。
 なぜ高山で良いお茶ができるのか?それは、高山茶園は一般的には気候が温和、霧が多いため、日射は強くなく、湿度が高く、土壌肥天で、茶樹がこのような自然環境で成長するため、新芽の伸びが速く、発芽が整い茶葉に多くの産毛が出てきます。若葉が太く、若くて柔らかい茶葉は、アミノ酸などの物質を形成しやすい。だから、高山は良いお茶が生産されます。

              gaoshanchayuan.jpg
                   霧に覆われている高山茶園
              gaoshanlvcha.jpg
                       顧式高山茶
             無我茶館ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~mugackn/
スポンサーサイト



  1. 2007/10/21(日) 18:02:38|
  2. 中国茶・台湾茶情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<茶芸師講座 | ホーム | 中国茶教室>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mugachakan.blog41.fc2.com/tb.php/77-52dc25a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する