FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

安渓から木柵にもたらされた鉄観音

              中国安渓地方から台湾木柵地方にもたらされた鉄観音

  1895年 張迺妙茶師は中国福建省安渓に帰省した後、鉄観音の芳醇な味わいに気づき
        12株の鉄観音茶の苗を持ち帰り、台湾台北木柵区の岩崖の間に植えました。
  1896年 再び安渓に赴き、正式に1000株の鉄観音茶の苗を導入しました。
  大正8年(1919年)  更に安渓を訪れ、3000株の鉄観音の苗を購入し、
               台湾で繁殖させた後、茶農家に植えるよう分配しました。
  1926年 文山茶業株式会社を設立し、張迺妙茶師は初代工場長に招聘されました。
  1937年 冬、彼は退職後の身分でありながら、単身安渓に赴き、実の弟「迺省」に代わって地方の名士や
     有名な茶師を招いて茶道の研究や利き茶を繰り返し、ようやく鉄観音製茶の秘伝を捕らえることに成功しました。 
 文字色木柵に戻った後、再び鉄観音の製茶技術を茶農家に教え、この時から鉄観音茶は木柵に定着しました。
   現在 そのお孫さんにあたる台湾茶専門家「張迺妙茶師記念館」館長である張位宜先生に受け継がれています。

                    ★無我茶館「中国茶・台湾茶販売」        
          当店の木柵鉄観音は自信を持ってオススメできる本物の木柵鉄観音です。
                       是非ご賞味くださいませ。
                木柵鉄鉄観音 2014年
スポンサーサイト



  1. 2014/07/30(水) 09:40:26|
  2. 中国茶・台湾茶情報

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する