FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

径山茶

                  径山茶  

 径山茶は浙江省余杭県西北の天目山東北峰の径山で生産されています。烘青緑茶に属します。摘む条件としては一芯一葉、又は一芯二葉を摘み取ります。茶葉の外形は細かく捻られた形、新芽の先は整っています。色は深緑色で、清らかな香があり、味は新鮮でまろやか、水色は明るい薄緑色です。
  径山の茶葉生産の歴史は唐代に始まり、宋代に最も盛んでありました。径山はまた仏教の聖地であり、茶と仏教とは深い関りがあります。日本の臨済宗の開祖栄西もここで学んでいました。当時、ここで「茶宴」があり、それを栄西が持ち帰り、日本の茶道の原型になったという説もあります。明前特級径山茶と明前一級径山茶は無我茶館でのお茶教室「中国茶を楽しむー趣味コース」で味わうことができます。

                 mezaikeiza.jpg
                   明前特級径山茶

                 keiza1kei.jpg
                  明前一級径山茶
スポンサーサイト



  1. 2007/08/09(木) 11:38:08|
  2. 大陸茶のご紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< プーアル茶「宋聘号」の歴史について | ホーム | 台湾茶文化>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mugachakan.blog41.fc2.com/tb.php/65-9cf5caf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する