FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

安渓鉄観音の保存期間はどの程度?

                      安渓鉄観音の保存期間はどの程度? 
 
 一般的に市場で売られている安渓鉄観音茶はほとんど「軽発酵」のものです。ですので常温で保存をすれば三ヶ月以内にお召し上がりいただいた方が、茶本来のうま味も失わずに美味しくいただけます。常温保存の場合は出来るだけ日光が当たらない冷暗所に保管してください。たとえ真空状態でご購入いただいた茶葉に付きましても気温により酸化しやすくなりますので、出来るだけお早めにお召し上がりいただいた方が良いかと思います。
 もし真空密封で温度が3~5℃の環境(※食品など入っていない茶葉専用の冷蔵庫など、)で保存すれば2年でも大丈夫です。更に長く保存し品質を保ちたいでのあれば、マイナス5度の(※食品など入っていない茶葉専用の冷凍庫など、)に保存するものお勧めです。ただ食品保存する冷蔵庫や冷凍庫は食品の匂いが茶葉に移りますので不向きです。中国の茶葉販売店ではほとんど専用の冷凍庫に安渓観音茶を保存しております。つまり保管する場所の温度は低ければ低いほど長く保存できますが、一旦常温に戻れば再び酸化しやすくなりますので、出来るだけお早めにお召し上がりください。逆に高温で焙煎した安渓鉄観音の場合は常温で保存しても大丈夫です。湿気が入らなければ3年、5年でも保存できます。

 以上は私の長年の経験による所見ですのでご参考にしていただければ幸いです。「軽発酵」の烏龍茶は出来るだけお早めに召し上がるのが一番美味しいかと思います。
                 beijingcha.jpg
                             真空包装

スポンサーサイト



  1. 2014/05/14(水) 09:48:27|
  2. 中国茶・台湾茶情報

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する