FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

新茶情報(六)~信陽毛尖、まもなく茶摘開始~

                            新茶情報(六)
                      ~信陽毛尖、まもなく茶摘開始~
 

 「信陽毛尖」は中国十大銘茶の一つに数えられている有名な緑茶です。昨年の冬と今春の雨量が多いため、河南省の信陽区の茶葉成長は大変良い状況です。もうすぐ清明節に入りますので、信陽区の農家はこの時期になると大忙しいです。
 3月21日前後に気温が上昇した影響で、山地の茶葉は既に発芽しており、このような気温が続けば早くにも今月末には新茶が出荷されます。
 春茶は一年間を通しての充分な養分を吸収していることから、栄養物質が非常に豊かで葉は肉厚、形状が重く締まっており、香りが高く、まろやかで濃厚な味わいになります。その他、春茶の栄養成分であるビタミンとアミノ酸の含有量が大変多いです。また、今年は茶摘みの人件費が上がった為、お茶の価格は昨年より少し上昇する見込みです。
 今月(3月)中旬には既に四川省産の「信陽毛尖」(※信陽毛尖は本来河南省産ですが、四川省では信陽毛尖の製造工程を真似して作られているものもあり、悪く言えば偽者ということになります。)が出荷されておりますが、その事に関しては河南省の農家から懸念の声も出ております。消費者の皆様も購入前には産地もしっかりと把握出来ればと思います。
           信陽毛尖
                             信陽毛尖
   
スポンサーサイト



  1. 2014/03/26(水) 14:53:50|
  2. 中国茶・台湾茶情報

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する