FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

第10期 台湾茶講座が終了いたしました。

                    第10期 台湾茶講座が終了いたしました 

 昨年11月より始まりました第10期「台湾茶講座」が土曜日クラス、月曜クラス共に全課程を終了いたしました。ご参加いただいた皆様、大変ありがとうございました。今回の講座では全課程を通じて台湾四大銘茶(文山包種、凍頂烏龍茶、木柵鉄観音、東方美人)、受賞茶、高山茶、そして味わいの違いによる各種台湾茶<清香、蜜香、濃香、炭香>などのご紹介は勿論のこと、「東方美人茶」のお湯の温度(高温・中温・低温)による味わいの違い、「文山包種茶」の季節(春茶・秋茶・冬茶)による味わいの違い、「木柵鉄観音」の焙煎度合い(軽火・中火・重火)による味わいの違い、「日月潭紅茶」の品種別(原生種・紅玉種・アッサム種)による味わいの違いなど、皆様が実際に個々の茶器を用いてそれぞれ異なるお茶を淹れて飲み比べを行う授業を重点的に行って参りました。そうすることによりお茶の持つ性質、特徴などをより分かりやすく感じて頂けたご様子でした。私自身も皆様が淹れて下さったお茶を試飲し、そのお茶の持つ特徴などを感じ取る事が大変大きかったです。そして最後の授業終了後には、何名の生徒様から次回開講時にも引き続きご参加を希望されるお問い合わせもいただきとても嬉しく思っております。次回、第11期台湾茶講座では2014年春新茶を重点的にご紹介させていただく予定です。また引き続き、実践飲み比べの授業も重点的に行いたいと思っております。
      10 期台湾茶文山包種第10期台湾茶木柵鉄観音
                     文山包種と木柵鉄観音生産時期別の飲み比べ
     
スポンサーサイト



  1. 2014/03/20(木) 09:49:01|
  2. 台湾茶講座

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する