FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

第2回 「張位宜先生との台湾茶交流会」が楽しく終了いたしました。

            第2回 張位宣先生との「台湾茶交流会」が楽しく終了いたしました。 

 先日、1月25日(土)無我茶館にて行われました台湾木柵鉄観音の第一人者の直系孫、台湾茶専門家「張迺妙茶師記念館」館長である張位宜先生をお迎えしての第2回目となる「台湾茶交流会」が無事楽しく終了をいたしました。当日の第1部は無我茶館にて張先生が現在現地での台湾茶に付いてのご説明と、ご準備された資料をビデオプロジェクターでの映像を用いて木柵鉄観音茶に関する昔と現在での製茶方法、市場に出荷されるまでの台湾茶農家の相当な苦労、茶園を運営するにあたっての実際の厳しい現状、そして老茶の歴史と保存などについて詳しくお話しくださいました。今、皆様がお召し上がりになられている一杯の台湾茶に付きまして、大変考えさせられる事が多かったです。その後は皆様からの台湾茶に関する質問にお答えいただき、各グループごとに張先生が自らお持ちくださいました4種類の鉄観音茶品種と産地別、及び同じ茶葉でありながら焙煎の違いによる木柵鉄観音3種類の品評茶を行いました。終了後の第2部は場所を離れて上本町にある酒菜処にて張先生を囲み、食事とお酒を交わしながらとても楽しく和みながらの有意義な時間をご参加の皆様と共有することが出来ました。お忙しい中ご参加くださいました皆様、誠にありがとうございました。張先生にも心から感謝いたします。
        張先生第2回目交流会

 
スポンサーサイト



  1. 2014/02/05(水) 08:56:56|
  2. 中国茶・台湾茶交流会

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する