FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

台湾茶講座ー第3回目

                      台湾茶講座-第3回目  

 今年最後の講座となる「台湾茶講座」(第3回目)講座が終了いたしました。第3回目の講座では四大銘茶の文山包種と木柵鉄観音茶の新茶、老茶そして受賞茶を中心に、合わせて9種類をご紹介させていただきました。木柵鉄観音茶の製茶方法の違い、季節の違い、工程の違いによって味も香りも異なる特徴に皆様は大変勉強になられたご様子で、味わい深い木柵鉄観音茶の飲む比べを愉しんでおられました。

      台湾茶講座3回目 受賞茶
文山包種2013年冬新茶<優良奨>(青心烏龍種)、1989年老茶(青心烏龍種)。老茶の深みに感動されました。

      台湾茶講座3回目 木柵2
   木柵鉄観音2012年冬茶、2013年春受賞茶、2009年秋茶、2013年秋産蜜香を飲み比べ致しました。
  受賞茶の甘みとコク、そして冬茶と秋茶の味の違い、蜜香鉄観音茶の蜜のような甘さに感銘を受けました。

      台湾茶講座3回目 文山包種 生産時期別
最後の実践では二つのグループに分かれ、文山包種生産時期別―2013年の春茶、秋茶、冬茶飲み比べを行いました。それぞれ特徴があって、大変面白かったです。
スポンサーサイト



  1. 2013/12/19(木) 18:07:15|
  2. 台湾茶講座

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する