FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

一杯の美味しい烏龍茶の裏側(一)~一杯の美味しい烏龍茶は製茶師の苦労もいっぱい~

                     一杯の美味しい烏龍茶の裏側(一) 
              ~一杯の美味しい烏龍茶には製茶師の苦労もいっぱい~
 

 一杯の高級安渓鉄観音烏龍茶を製茶するのにかかる所要時間はおおよそ30時間ほどです。この間、製茶師ほとんど不眠不休で作業を行うと同時に、製茶の技術に対する高いレベルが必要となります。鼻で絶えず香りを嗅ぎ、発酵程度をコントロールすることにより、ようやく一杯の美味しい茶葉が出来上がります。
 製茶には製茶師の技術、体力、精神面などが不可欠です。通常、良質なお茶の製茶工程では、朝の茶摘みから殺青までの時間は一般的に16時間を超え、この時間はほとんど休まず作業を行います。ですので製茶過程のコントロールがしっかりで出来たかどうか全てが製茶師の技術と精神面にかかっており、製造した茶の味には製茶師の心と熱意が込められています。また茶摘みから揉捻、初乾燥を終える時間はすでに翌日の朝3時、4時になり、さらに包揉、復揉捻、復烘焙などの工程が終わるとやっと荒茶が出来あがり、その時間は更に12時間後の午後3時、4時にもなります。計算するとトータルで32時間の過程に及びます。このような製茶師が丹念に作り上げた素晴らしいお茶を、これからも大事に味わいたいと思います。         
               初乾
                         無我茶館  王愛慧
スポンサーサイト



  1. 2013/10/31(木) 11:47:57|
  2. 中国茶・台湾茶情報

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する