FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

審評茶

                        審評茶 

 今、中国語を習得されている生徒の方々とご一緒に「茶葉審評」の品評専門用語を翻訳しています。「審評」とは人間の五感を駆使し、茶の品質の優劣、品種特徴、製造工程の問題点を極め、茶の鑑定を行うことで「品評」とも言います。例えば、
    白茶香りの評語、「青臭」:萎凋不足,火功不够,有青草气。
                  ->萎凋不足、烘焙が足りず、青臭いこと。

    茉莉花茶香りの評語、「露胚(透素)」:指花香薄,露出绿茶胚香。
                       ->茉莉花の香りが薄く、緑茶の香りが目立つこと。

   
 現在、無我茶館での「茶芸師講座」では「審評」という科目を取り組んでいますが、今後も更に「審評」に関する内容の充実を図って行きたいと思います。翻訳をお手伝いいただいてる茶芸師の「nagaokaさん、miyazakiさん、imotoさん」に心から感謝いたします。完成するまでもう少しです。みんなで力を合わせて頑張って行きたいと思います。

        審評師
                        品評専門用語(中国語版)
スポンサーサイト



  1. 2012/09/23(日) 10:06:38|
  2. 大陸茶のご紹介

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する