FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

緑泥

                         緑 泥 
 
 杭州での茶藝師ツアーでは毎回、試験以外に「陶器の都」と言われている宜興に訪れます。「宜興」は江蘇省と浙江省の境にある太湖の西浜に位置しており、宜興で作られる「茶壷」は多くの方に愛用されております。また採掘場所や色の違いで呼び分けられ性質も様々です。大別すると「白泥」、「黄泥」、「紫泥」、「紅泥」、「緑泥」の5つ種類に分けられます。一般的に市場で出回っているものは「紫泥」、「紅泥」で、特に最近は「緑泥」の生産量が大変少なくなっています。今回第11期の茶芸師ツアーにご参加された皆様は宜興で「緑泥」の茶杯と茶海を目にされました。いつもお世話になっている茶壷を制作されている方の話によると、今、ここにある「緑泥」の茶器は、以前より他の方が別注で注文された物の一部残りだそうです。また「緑泥」の生産に関しては近年とても少ないというお話もされました。そのお話を聞かれた皆様は、その残った「緑泥」の茶杯を安い値段で分けていただきたくさん購入されました。とても価値ある茶器との出会いで皆様は大変喜ばれていました。


             緑泥
           皆様は緑泥の茶杯、茶海だけではなくたくさんの茶器を購入された。                  
スポンサーサイト



  1. 2012/07/04(水) 13:13:17|
  2. 初級・中級茶藝師講座

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する