FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

黒茶の金花(茯茶)

                        黒茶の金花(茯茶)               
             湖南茶茯茶网 2010年8月26日のニュース (連載) 
                  翻訳者:宮崎 彰子(第六期茶芸師卒業生)
 
 「茯茶」 の効能性成分研究 、近年、すでに業界と学界の他方面での注目を引き起こしている。湖南農業大学は茯茶中から特殊な効能成分茯茶素Aと 茯茶素Bを抽出し、 茯磚茶の降脂、降糖、降圧の効能が医学界、茶学界まで理論上と臨床試験面の検証と認可を得た。この為、言えるのが「 茯茶」は一種の新型の天然降脂降糖降圧飲料として現代の都市部の生活習慣病の予防と補助を治療することに重要な作用を引き起こしている。だから、茯茶は今後、都会の人々の一類の特殊保健飲料になるだろうと推測している。
 茯茶もまたその他の黒茶などの後発酵茶と同様、年月を経ての口当たりがますます良くなり、かつ、効能作用ははるかに強い特性を持ち、これは発酵を進む過程の中に微生物の代謝作用が作り上げることであり、併せて蓄積した次生代謝が関連している。中国の古代で漢方医学では早くも老茶を利用して糖尿病の治療をした記載がある。
 老茶は蓄積するのに時間がかかり、早く発酵する黒茶は口当たりの上では遜色がなくできるが、効能作用面は同列で論じるにはいかない。これはもう現在の市場上で、どんな老茶でも黄金のお茶とみなし、価格を日増しに暴騰させる原因となっている。


             伏茶 3
                       撮影者:宮崎 彰子 
 


スポンサーサイト



  1. 2010/10/27(水) 16:50:00|
  2. 大陸茶のご紹介

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する