FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

金駿眉の商標登録

               金駿眉の商標登録について(三)(連載)         
               茶葉ネット:5月19日のニュース 
              翻訳者:宮崎 彰子(第六期茶芸師卒業生)
 
  今のところ金駿眉市場は相当混乱する。市場上では金駿眉は多くが皆まがいものである。これに対して業界内の人士はこの状況は1つの企業の商標登録に保護を与えることに由来していて根本問題は解決されないとあげている。金駿眉にとってそれは当該どのような保護なのか?厳しく問いただす。博学である茶業界の人士は地理表示を商標登録するか、直接申請した商標証明に保護を与えるべきであると語った。
商標証明が指し示すものはその種の商標あるいはサービスが当該団体あるいは当該団体以外の団体や個人がその商品とサービスを使用することや当該商品やサービスの原産地、原料、製造方法、質量あるいはその特定品質の表示の証明を使用することを監督能力のある団体をコントロールすることを備えている。
このいくつかの製品の品質は地理的生産地いかんで決まる点を鑑みて、それゆえ、この種の製品はその原産地までの間に一種特殊な「関係」が存在している。
 ただ、この地域内の産出する製品はこの商標を使用することができる。福州の人々は知的所有権事務有限会社の揚梅仙主任が福建で今のところ、武威山大紅袍、正山小種、坦洋工夫は皆地理標示商標証明とする登録であることを説明し分からせたことを隠している。金駿眉は法律保護の空白区に属していて商標証明あるいは地理標示商標証明となす登録を提言している。
 商標証明が登録された後は「排他性」を帯びてくる。安渓鉄観音のごとく、ただ、安渓県内生産の鉄観音のみ安渓鉄観音と呼べる。これはすでに消費者に本当の原産地の地産品であるものを買い入れることが出来ることを保証している。又、地理標示生産品商標の使用者に比較的に高収入をもたらすことができることを保証している。
スポンサーサイト



  1. 2010/08/25(水) 17:00:48|
  2. 中国茶・台湾茶情報

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する