FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

広州 一人あたりの年平均茶葉消費量世界一

                    中国広州、一人あたりの年間平均茶葉消費量世界一 
  中国華南農業大学茶学部教授の丁俊之氏によると、国際茶葉委員会の統計では、2008年の中国における茶葉の生産量と消費量はインドを超え、世界第一位となったようです。2008年の中国茶葉の生産量は120万トン、消費量は84万トン、一人あたりの平均年間消費量は0.61キロという統計です。2009年はまだ統計公開していないですが、2008年より増加していると予想されています。
 国際茶葉委員会の統計によると、2008年の世界一人あたりの年間平均茶葉の消費量が最も多いのはクウェートで、一人あたりの年間平均消費量は2.21キロとなっています。しかし同年では、中国広州の一人あたり年間平均消費量は2.50キロとなり、クウェートを超え世界第一位となりました。
  

  記事参考:茶葉網ー茶葉ニュース
          chayebokanhui1.jpg
                          無我茶館へようこそ
スポンサーサイト



  1. 2010/04/19(月) 14:34:09|
  2. 中国茶・台湾茶情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<径山寺の会修禅師より径山寺茶を届きました! | ホーム | 雲南省春茶50%減産>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mugachakan.blog41.fc2.com/tb.php/274-42b02253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する