FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

安渓鉄観音茶会

                    安渓鉄観音茶会 
 昨日、無我茶館で安渓鉄観音が開かれ、大盛況で終了いたしました。ご参加くださいました皆様方、そして講師を務めてくださいました佐藤先生、大変ありがとうございました。
 昨日のお茶会は、2部構成で行われました。前半はパソコンを用いて、佐藤先生が撮影した安渓茶の製造工程と茶園の写真などを皆様にご覧いただきながら、解説を交えての進行となりました。後半は安渓鉄観音茶を、産地ごと、ランクごと、発酵ごと、製造工程の違いなどにより異なる十数種類の茶葉の試飲を行いました。皆様は、たくさんの鉄観音茶を味わいながら、ただ鉄観音と呼ばれる一つのお茶から、いろんな味が生まれてくるのに対して、とても驚かれ喜んでおられるご様子でした。
 また、講師を務められた佐藤先生が、「中国茶の都ー杭州」に在住されている事もあり、現在の中国での中国茶の情報などをお話くださり、皆様たちととても会話が弾まれて、茶会の終了時間が1時間以上も延びてしまいました。最後、佐藤先生がお勧めしていた「生プーアル茶」を皆様と一緒に試飲し、全員にプレゼントをいたしました。昨日は本当にお疲れ様でした。

             anxicha.jpg
                
スポンサーサイト



  1. 2009/08/03(月) 12:26:29|
  2. 季節のお茶会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「茶藝師特別ツアー」 | ホーム | 第7期 中国政府公認初級茶藝師講座 開講>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mugachakan.blog41.fc2.com/tb.php/202-f98cd36a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する