FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

養壷

                           養 壷
  養壷とは、紫砂茶壷を長期にわたり使用して、その茶壷を育てることを言います。養壷は、更によく香りを引き立たせ、更に輝くような光沢、つるつるとした潤いのある手触りを出すことが目的です。長い間使い続けることで茶の味がしみ込み、お湯を注いだだけでもそのお茶の香りが感じられ、より風味の深い茶を淹れることが出来ます。茶壷自体も美しく深みのあるものに変化し、お茶も非常に美味しくなるのであります。
        
         chahu2.jpg
                              使う前
         
         chahu4.jpg 
    1年くらい使った茶壷は、使う前より、輝くような光沢があり、つるつるとした潤いのある手触り。
                 無我茶館:http://www.k4.dion.ne.jp/~mugackn
スポンサーサイト



  1. 2009/07/06(月) 18:59:28|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「東方美人茶藝隊」  ~<トヨタ自動車 レクサス貝塚>でのイベント~ | ホーム | 龍井茶園>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mugachakan.blog41.fc2.com/tb.php/184-341ea6c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する