FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

茶杯

                      茶杯鑑賞
 茶杯は、飲用杯とも言います。お茶をいただく器です。素材はだいたい磁器、紫砂、ガラスがあります、いろいろなサイズ、様々の形・柄がありますが、中国のお茶屋さんでは、白色の磁器が最も多く使われています。
 陸羽は『茶経』の四之器の中で、茶器については実用的だけではなく、審美価値をもつことを求めました。白磁は茶の色を紅くし、青磁は茶の色を緑にします。陸羽は越窯の青磁茶碗を使うのが好きだったようです。
 烏龍茶には小型の茶杯がお勧めです。紅茶やプーアル茶などで、水色を見たい場合は、白磁器がお勧めです。お食事やデザートと一緒にいただく場合は、すこし大きめの茶杯がお勧めです。
       
       茶杯
              この写真の撮影者:台湾茶専門家ー張 位宜先生
                張先生が20年をかけて、集めた茶杯です。
                http://www.k4.dion.ne.jp/~mugackn
スポンサーサイト



  1. 2009/06/04(木) 16:11:36|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 台湾春新茶発表・品評会    | ホーム | 出張茶会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mugachakan.blog41.fc2.com/tb.php/178-a41cea34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する