FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

貴州省習水県国家級自然保護区習天鹅池(国立公園) 野放紅茶

             貴州省習水県国家級自然保護区習天鹅池(国立公園) 野放紅茶  

             今年のお茶旅で尋ねた貴州省習水国家級自然保護区習水県天鹅池。
         50年代に栽培してからは今までも一度も手入れをぜず、森の中で成長する野放茶。
           農薬はもちろん、肥料も与えず、そのため茶葉が非常にゆっくりと成長し、
            ほかの植物と共存しながら成長し、栄養を得るために根が深くはり、
    ミネラルや,アミノ酸,茶ポリフェノール,カテキン,茶多糖類などの栄養成分が豊富に含まれています。

                この地は、都市部や工業汚染から遠く離れており、
     常に山において動植物が共存し合い、幾重にも連なる山々の霊気や辺り一面の霧の精華を吸収し、
    昔から今に至るまで、如何なる化学肥料や農薬も使っておらず、のびのびと成長し続けております。
 
       淹れた茶の水色は明るいオレンジ色で、花,果物,蜂蜜,芋の4つの香りをすべて備えており、
    実に濃厚な味わいと共に口に含むとはっきりとした花の香りが上顎から更に上へと突き抜け、
           口中いっぱい潤わしつつ、戻り香にははっきりとした蜜の香りが強く残ります。
 
              11月25日、28日の お茶会 で皆様にご紹介したいと思います。
           
        貴州省天鵝池野放茶―1              
 貴州省国立公園天鹅池 野放茶
                     貴州省習水国立公園天鵝池 野放茶
スポンサーサイト



  1. 2018/11/15(木) 10:01:22|
  2. 中国茶・台湾茶情報

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する