FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

中国緑茶

                           中国緑茶
  緑茶の生産地は、江南茶区を中心に西南茶区、華南茶区までの広範囲に渡り、浙江省、福建省、雲南省、安徽省、貴州省、広東省、湖南省、湖北省、河南省などの幅広い地域でも栽培されています。また、歴史的にももっとも古く、種類が多く、味も茶葉の形状もさまざまです。

   殺青と乾燥方法の違いによって、緑茶は「炒青(しょうせい)緑茶」、「烘青(こうせい)緑茶」、「晒青(しゃせい)緑茶」、「蒸青(じょうせい)緑茶」に分類されます。製造工程の中で、もっとも重要な工程は殺青です。殺青はお茶の水色、味を形成する重要な製造工程です。
A、炒青(しょうせい)緑茶、釜で炒って加熱。代表格である龍井茶をはじめ、碧螺春や涌渓火青、安化松針、南京雨花茶、都均毛尖、蒙頂甘露、華頂雲霧、竹葉青茶などはこの方法で製造されます。

B、烘青(こうせい)緑茶、いぶって乾燥。普通烘青茶と新芽烘青茶があります。新芽烘青は信陽毛尖茶、黄山毛峰、太平猴魁、峨眉峨芯、六安瓜片、径山茶、開化龍頂など、この製法で作られます。普通細嫩烘青茶は徽烘青、閩烘青、蘇烘青、浙烘青。香りは炒青ほど高くなく、花茶の原料に用いるのがほとんどであります。味は爽やかで濃厚、後味は甘みがあります。

C、晒青(しゃせい)緑茶、日光にさらして乾燥。滇青茶、川青茶、陜青茶(きょうせいちゃ)、黒茶の原料として使われます。

D、蒸青(じょうせい)緑茶、蒸気で加熱し、発酵を止めます。恩施玉露、煎茶。この製法のお茶は普通の緑茶と比べると、品質特徴は三緑と言われます。すなわち乾燥茶緑、水色緑、葉緑。もともとは中国でも蒸したものが多数派でありましたが、明代頃から「炒青」緑茶に変わりました。現在は、生産が少なくなって、ほとんど輸出しています。中国ではほとんど飲まれていないお茶です。

           hangzhouzhongzi.jpg
                           西湖龍井茶の種
                無我茶館ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~mugackn/


スポンサーサイト



  1. 2008/09/27(土) 17:56:20|
  2. 中国茶・台湾茶情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お茶会 | ホーム | 『基礎知識から茶藝師資格まで もっと知りたい中国茶の世界』~増刷!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mugachakan.blog41.fc2.com/tb.php/128-a265bf7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する