FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

茶焙じ(茶葉を炙る道具)

                    茶焙じ(茶葉を炙る道具)
  陸羽の『茶経』によると、、「餅茶」を飲む時には、まず「餅茶」を火に炙って、水分を取り、それから石臼で粉のように挽き、ふるいをかけてから、お湯で煮ると書いております。プーアル茶の産地、雲南省では、プーアル茶を一度炙ってから飲む習慣もあります。特に生プーアル茶は炙ってから飲むと、香りも味も、まろやかになり、とても飲み易いです。
 先週の茶藝師教室で、生プーアル茶を炙ってから淹れて飲んだところ、とても評判がよかったです。年数が短い生プーアル茶は、渋みと苦味が強く、すこし飲みにくいのですが、一度、炙ってから淹れてみると、渋みも苦味も和らかになり、味もまろやかになります。皆さんも一度お試し下さい。炙る時間は、20分を目安にしてください!生プーアル茶だけではなく、保管が不十分で湿気た茶葉、味が落ちたように感じた時は茶焙じをしてみてください。
       kaochaguan.jpg

          無我茶館ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~mugackn/

スポンサーサイト



  1. 2008/07/14(月) 14:03:14|
  2. 中国茶・台湾茶情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中国茶文化講座 | ホーム | 中国杭州公劉子茶道苑認定茶文化教室>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mugachakan.blog41.fc2.com/tb.php/116-b99b3378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する