FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

茶文化研究家 湯浅 薫先生

                  茶文化研究家 湯浅 薫先生
 1月下旬から毎週、奈良の学園前で茶文化研究家・湯浅先生が主宰する「薫東庵・くんとうあん」の本部(自宅)で、中国茶文化の勉強、研究会を行なっています。湯浅先生と中国茶の出会いは中国の留学生の自宅を訪ねた時に出された一杯のお茶で、その時に中国茶の魅力に目覚めて、それ以降中国茶文化の研究をされています。先生は中国政府公認資格である高級茶藝師・評茶員の資格も持たれ、中国国際茶文化研究会栄誉理事・上海市茶葉学会会員(日本人では初めて)・日本茶インストラクター協会奈良県支部副支部長(日本茶インストラクター)・であり、世界緑茶協会会員・奈良手もみ茶振興会会員などの各茶関係団体(フォーラム・研究会等)の会員として日々、茶文化の活動をされながら、中国茶と日本茶の正しい理解と普及のため、ティーサロン「薫東庵」を主宰し、講演・論文・雑誌、テレビにも出られ、今後さらに中国茶の真の素晴らしさを研究し探求に取り組んでおられます。
 『基礎知識から茶藝師資格まで・もっと知りたい中国茶の世界』を出版され、4月21日(月)に発売予定と聞いております。
 これからも、先生と一緒ににさらに研究を進め・情報交換などを行い、中国茶文化と中国茶の普及に取り組んで行きたいと思っております。先生は、本の出版と同時期にホームページも開設し茶文化の情報を発信されることも聞いております。
先生が主宰する「薫東庵・くんとうあん」のホームページ http://kuntouan.com

            yuasalaoshi.jpg
                         湯浅 薫先生
             無我茶館ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~mugackn/
スポンサーサイト



  1. 2008/03/24(月) 11:17:45|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本の出版についてご紹介 | ホーム | 烏龍茶(青茶)の起源>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mugachakan.blog41.fc2.com/tb.php/101-6645cde7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する