fc2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室)

寒冷な冬季

寒冷な冬季

旧正月に武夷山桐木関村でこの冬 第二の寒波が来ました。

寒冷な季節、茶ノ木は厳しい環境に立ち向かい、その逞しい生命力で冬を乗り越え、春の訪れを迎えます。

茶ノ木は寒い冬に耐え、春になると新しい葉が茂り、その葉がより甘くて美味しさが一層引き立ち、

冬の厳しさがその茶葉に豊かな風味と深みを与えています。

春がもう近づいてきました~

寒冷1

寒冷2
スポンサーサイト



  1. 2024/02/26(月) 12:20:11|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

2月23日(金、祝)〜25日(日)休業お知らせ 

2月23日(金、祝)~25日(日)休業のお知らせ 
  
事情により2月23日(金、祝)、2月24日(土)、2月25日(日)の3日間は休業させていただきます。 
2月26日(月)からは通常通りの営業となります。
またこの連休中にいただきましたメール、お電話でのお問い合わせに関するお返事に付きましても、お休み明けでのご対応となりますので、大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

岩茶茶席

  1. 2024/02/22(木) 12:12:38|
  2. お休みのお知らせ

私蔵茶会 楽しく終了いたしました。

私蔵茶会 楽しく終了しました。

今回の茶会では私蔵茶5種類、陳皮ブレンド茶4種類と、たくさんのお茶をご紹介させていただきました。

ご参加の皆様にもご満足いただけたようで、心から嬉しく思っております。

どうもありがとうございました!

私蔵茶会
  1. 2024/02/21(水) 14:01:37|
  2. 季節のお茶会

2月19日(月)、20日(火)連休のお知らせ。

2月19日(月)、20日(火)連休のお知らせ。 
  
誠に勝手ながら2月19日(月)、20日(火)は連休とさせていただきます。 
2月21日(水)からは通常通りの営業となります。
またこの連休中にいただきましたメール、お電話でのお問い合わせに関するお返事に付きましても、
お休み明けでのご対応となりますので、大変ご迷惑をお掛け致しますが、
何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

岩茶茶席
  1. 2024/02/18(日) 10:53:33|
  2. お休みのお知らせ

2月16日(金)、17日(土)休業いたします。

急用により、2月16日(金)、17日(土)休業いたします。
ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承よろしくお願い申し上げます。
  1. 2024/02/16(金) 09:07:32|
  2. お休みのお知らせ

老茶(ビンテージのお茶)とは?

老茶(ビンテージのお茶)とは?

製茶された後、数年間や長い年月寝かせることにより、自然な熟成が進み味がマイルドで乾燥したフルーツのような香り、
濃厚で苦みや渋みのないスッキリした味わいになります。
熟成により茶葉内部の成分が化学反応を起こした酸化によるものです。
これは老茶の特徴です。

茶ポリフェノール(渋み、酸味)、アミノ酸(旨味、香り)、糖類(甘み、ペクチン)、脂肪(酸味)、この一連の複雑な変化が生じます。
事実上、老茶(ビンテージ)に対して科学の検査方法がありません。
滋味や香りの特徴から判断するか、ご自身で良い原料のお茶を選んで熟成させて行くかです。

先日のアフター講座では皆様と「老茶」を4種類試飲しました。
<2009年 木柵鉄観音>と<2013年 弐等賞凍頂烏龍茶>2種類は私自身が熟成したものです。
<1989年 プーアル熟茶>と<1995年 伝統安渓鉄観音>2種類は2005年開業当初記念のために買ったもので、その後はずっと教室で熟成させています。
どれも素晴らしい味わいですが、特に<1995年安渓鉄観音>の美味しさにとても感動~

ビンテージのお茶は時間の経過とともに変化し、その変化を楽しむことで、茶葉が持つ奥深い味わいや香りを感じ取り、ビンテージ感がもたらす熟成の効果、美味しさをより豊かに味わうことができます。

良い老茶になるには茶葉の質や選別が重要な要素、品質の良い茶葉を選び、また適した環境で保存することにより、素晴らしい老茶になる。その一言に尽きます!

老茶の会
  1. 2024/02/15(木) 11:07:11|
  2. アフター講座

年夜飯

年夜飯

<年夜飯>とは、「年夜」が「年の最後の夜」を指し、「飯」は「ご飯」や「食事」を指します。
中国では大晦日の夜に家族が集まり、一緒に豪華な食事を楽しむ伝統的な習慣があります。

今年は旧正月は実家に帰れないですが、年夜飯の写真を見ると、故郷を懐かしく思い出し喜びを感じます~

年来飯
  1. 2024/02/12(月) 09:07:27|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

龍年大吉

龍年大吉

新年快楽!
恭喜発財 - 「おめでとう、富貴を得てください」
身体健康 - 「健康であるように」
龍馬精神 - 「龍馬のように活気に満ちた精神」

龍年1
  1. 2024/02/10(土) 10:04:12|
  2. 無我茶館

無我茶館 中国茶教室

無我茶館 中国茶教室

中国茶を学ぶことは、まるで一つの芸術に触れるような楽しさがあります。
その茶の世界は深く広がり、香り、味、歴史、文化が絶妙に交錯しています。
中国茶は単なる飲み物ではなく、心を開き精神を落ち着かせ、人とのつながりを深める手段とも言えます。
                
また、中国茶は繊細で様々な工程が組み合わさっているため、その製造工程を学ぶことも興味深いです。
手間暇かかる製茶の過程が、 一杯の茶にどれだけの労力と情熱が注がれているかを理解することができます。

湯を注ぐ瞬間や香りが広がる瞬間、友人や家族と一緒に茶を楽しむことで、コミュニケーションの一環としても深まります。

様々なお茶教室で学ぶことは、まるで知識の窓を開く冒険の旅のようです。
新しい才能や情熱の発見、自分の興味を深める素晴らしい冒険だと思います。
それはまるで知識の宝箱を開け、自分の人生のパズルをより豊かにするためのキーを見つけるようなものです。

各花が異なる色や香りを放ち、一つ一つが独自の美しさを持っているように、中国茶も異なる教科やスキルを身につけることで、視野が広がり、新しい知識やお茶の様々な魅力も感じる事が出来ると思います。

    王愛慧
                        王 愛慧(2023年8月撮影)
  1. 2024/02/09(金) 15:03:17|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

桐木関村便り 梅開花

武夷山市桐木関村便り 梅開花

世界の紅茶発祥地である武夷山市桐木関村より、梅が開花した便りが届きました。
     
先日に降ったばかりで、その枝には雪片が積もり、寒風が吹きすさむ中、梅の花は勇敢にも咲き誇っていました。

寒さと美しさが交錯するその瞬間、心の奥底に温かな感動が広がり、冬の冷たさが一瞬で忘れ去られるような気がしました。

今日のお茶は桐木関村麻粟老欉紅茶。
茶の温もりが身体を包むと同時に、心の中もほんのり温かな感覚で満たされていきます~

2024年梅1

2024年梅2

2024年梅3


                 
  1. 2024/02/07(水) 09:54:33|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

広東省のお茶消費量

広東省のお茶消費量

広東省は中国茶産地であり、お茶の最大の消費都市であり、また最大の流通都市でもあります。

2022年の年間消費量(転売を含む)は約25万トン、全国の1/10を占めています。
広東省の人々の年間平均茶葉消費量は1000gを超えており、珠江デルタ地域では年間平均2000gを超え、全国平均の3.5倍ほどです。

昨年潮州市を訪れた際、至る所で皆さんはお商売をしながら単叢茶を楽しんでいる印象が強かったです。

朝市

お土産屋さん


 
  1. 2024/02/05(月) 10:10:24|
  2. 中国茶の旅

南糯山 半坡老寨 懐かしい

南糯山 半坡老寨 懐かしい

2018年<西双版納 南糯山 半坡老寨>を訪れた際にお世話になった茶農家 愛称<三哥>。
彼はハニ族で、とても親切の方です。
製茶が上手なだけではなく、歌の名人でもあります。
<ハニ族>民謡も歌っていただきました。

茶山に行く時には必ず刀を腰に掛けて持っていきます。
<刀>は何のために持って行きますかと尋ねたところ、
「茶山へ行った時、木の枝や草などが道を塞いで通れない時に使うと」
やはり山奥の大自然で生活している知恵だなと感じてました。
舗装されていない道をバイクで乗り回っている運転技術も素晴らしい(笑)~

三兄1

三兄2
  1. 2024/02/04(日) 11:29:26|
  2. 中国茶の旅

北京首都国際空港

北京首都国際空港

先日立ち寄った<北京首都国際空港>
自動販売機の買い物も、顔認証支払いシステム。
進んでますね(笑)~

自動販売機
  1. 2024/02/02(金) 14:28:17|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する