無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

2010年、お世話になりました。

                  年末年始、お休みのお知らせ!  
    
    2010年12月28日(火)~2011年1月4日(火)までお休みさせていただきます。
また、この期間中にご連絡いただきましたお問い合わせのメール等に関しましてのお返事及び、営業開始は2011年1月5日(水)以後となりますので、何卒よろしくお願い申し上げます!
 

         2010年年末
スポンサーサイト
  1. 2010/12/27(月) 14:02:10|
  2. お休みのお知らせ

第4期 台湾茶講座新規募集中

                第4期 台湾茶講座
          2011年1月より、新規開講いたします!

  台湾茶専門家、「張迺妙茶師記念館」館長である張位宜先生が、自ら農家でお茶のテイスティングを行ない、お勧めしていただいた高級茶、受賞したお茶、珍しいお茶・ランクごとの品評・品種ごとや、機械摘みと手摘みの違いなどのお茶の見分け方を講座の内容に盛り込んでおります。全7回の講座で20種類もの台湾春茶・冬茶試飲していただけますので、初めて中国茶に触れられる方にも、長い間中国茶に親しんでおられる方にも、大変興味深い内容の講座となっております。もちろん台湾茶に関する種類や知識、茶葉の保存方法や品評茶なども奥深く学んでいただき、淹れ方に付いての実践研修もございます。
            1月22日(土)より<土曜日クラス> 残席1            
           ①1月22日(土) ②2月5日(土) ③3月5日(土)
           ④4月2日(土) ⑤5月14日(土) ⑥6月4日(土)
           ⑦7月2日(土)【合計7回】

            1月24日(月)より<月曜日クラス> 残席1          
            ①1月24日(月) ②2月7日(月) ③3月7日(月)
            ④4月4日(月) ⑤5月16日(月) ⑥6月6日(月)
            ⑦7月4日(月)【合計7回】
       ご興味がある方は、是非無我茶館までお問い合わせくださいませ!

            20.jpg
  1. 2010/12/25(土) 14:10:28|
  2. 台湾茶講座

蜜柑プーアル茶

                         蜜柑プーアル茶  

プーアル茶を作っている友達から蜜柑プーアル茶をいただきました。蜜柑の果実を取り、その中にプーアル散茶を入れ、一緒に発酵をさせます。封を開けると、陳皮の香りが漂ってきます。陳皮とプーアル茶を一緒に入れ、お湯を注ぎます。陳皮とプーアル茶からそれぞれの風味が出て、陳皮の香りが口の中に広がり、プーアル茶の特徴もあり、とても爽やかで飲みやすいお茶です。教室で皆さんに試飲していただき好評をいただきました。飲んでみたい方、プーアル茶に陳皮を入れて試してみてください。

           プーアル蜜柑1
  1. 2010/12/22(水) 18:11:02|
  2. 大陸茶のご紹介

湯浅 薫先生の新著「中国茶浪漫紀行」発刊!

               湯浅 薫先生の新著「中国茶浪漫紀行」発刊!  

 中国茶文化研究家、中国国際茶文化研究会栄誉理事で、無我茶館でも茶芸師講座の特別講師を務められておられる湯浅 薫先生が、この度「中国茶浪漫紀行」を出版されました。
 先生にお話をお聞きして参りました。ご紹介をさせて頂きます。「本書は、中国茶の主な事柄を全て網羅し、中国語の専門用語には「よみがな」を記載しました。「水を選ぶ」では各種の水でお茶を淹れ試飲し、中国茶の国家資格のこと、そのひとつである「茶藝」では自身の体験に基づき解説、「評茶」では審評記録の用語にも中国語表記を加えより実践に臨む感覚を体感できるようにしました。さらに中国茶文化等の推移を早わかり表に作成、茶文化の編纂が一目で分かるよう工夫を凝らし、各時代の文化がそれぞれ、茶葉の形状・茶器・茶菓子・製法・飲み方などに対してどのような影響を与え進化発展して行ったかを考察、中国茶文化の相互の繋がりをあらゆる角度から個々の事例を交えながら再検証しました。またそれぞれの時代に思考を巡らし易いよう、図解・写真・地図・参考などを要所に配置し体系的に探求が容易にできるように取りまとめました。さらに日本茶・紅茶との関連にも触れるなど、自ら各時代の事柄を疑似体感し、各文化の暮らしの中で茶がどう変化していったかを実感して頂く新しいスタイルの本です。」
  内容が明快に分かり易くまとめられ随所に工夫があり、皆様にお勧めのご本です。詳しい活動は先生が主宰されている「薫東庵」 をご覧ください。
 
                      
                          出版のデータ
       2010年12月17日より全国の書店・ネット書店で発売されています。
      定価:1500円+税。発行:牧歌舎。ISBNコード978-4-434-15266-5 C0076

               「中国茶浪漫紀行」表紙
  1. 2010/12/18(土) 11:54:49|
  2. その他

第8期 茶藝師特別講座、楽しく終了いたしました!

          第8期 茶藝師特別講座が楽しく終了いたしました。              
 昨日行われた、「中国茶の歴史についての特別講座」が終了いたしました。講師を務めていただいた湯浅先生は、大変詳しく分かりやすい資料を作成していただいた上で、楽しい講座を行っていただき、受講生の方々はまた違った観点から中国茶の歴史に付いてのお話を聞くことが出来て、大変充実された時間をお過ごしになられたご様子でした。湯浅先生、どうもありがとうございました! そしてご参加された皆様、お疲れ様でした! 来年1月より、クラスごとの中国茶倶楽部での月1回の研究会を通じて、中国茶文化・歴史・中国茶の淹れ方・茶葉の見分け方などの、更なる向上の為、皆様と一緒に頑張って行きたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。

                    dibaqichayi.jpg                            
  1. 2010/12/13(月) 17:13:57|
  2. 初級・中級茶藝師講座

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認高級茶芸技師(一級茶芸師)
中国政府公認評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する