無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

茶藝師講座

                       茶藝師講座
  1月から始まった初級茶藝師講座はそろそろ修了することになります。中級講座は6月に始まる予定です。12月に中国に試験を受けに行く予定をしております。受講者の皆様はとても熱心に勉強に取り込んでおり、お茶の点前もとても美しいです。新しい初級講座は8月に開講を予定しております。中国茶藝講座に興味がある方、是非、無我茶館へお問い合わせくださいませ!中国茶の魅力や茶藝の美しさにあなたも触れてみませんか。

           chayi1.jpg
                              龍井茶礼
            無我茶館ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~mugackn/
スポンサーサイト
  1. 2008/04/27(日) 16:27:47|
  2. 初級・中級茶藝師講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高級烏龍茶飲料ー大紅袍

                   高級烏龍茶飲料ー大紅袍
  サントリーの高級烏龍茶ー大紅袍飲料が発売をした時に、葉の大紅袍と飲み比べて見るため購入いたしまた。今回の「大紅袍」は、330ml瓶で1200円もするという高級飲料です。そして、43,500本の限定販となっております。
 中国茶教室で皆様と飲み比べてみました。説明書によると暖めて召し上がるのがお勧めです、と書いておりました。瓶からの大紅袍を暖めて、そして大紅袍の葉からお茶を出して、飲み比べてみましたら、教室の皆様は、茶葉から淹れるような馥郁な香りや甘み、そして岩韻という、残り香の魅力は感じなかったけれども、岩茶の持つ独特の味わいをかなり再現し、今までに味わったことがない、とても良い烏龍茶飲料だと、感想を述べておられました。
  そして、もう一つの中国茶教室の皆様は、かなり中国茶に関する知識も豊富で、瓶からの大紅袍と葉から出した大紅袍を事前に言わず、この二種類のお茶が、どちらが瓶から、どちらが葉からのお茶かを当てていただきました。皆様、見事にお当てになりました。やはり、瓶からの大紅袍は馥郁な香りや甘みが葉から比べると、すこし感じにくいという意見です。しかし、瓶の大紅袍は岩茶の持つ独特の味わいをとても感じさせてくれました。
  今回の「大紅袍」飲料は、少し値段が高かったけれどど、味わってみてよかったと思いました。お茶の教室の皆様もそう思ったようです。葉から出したお茶に関する感謝の気持ちも改めて、感じました。

                 dahongpao.jpg
                               大紅袍飲料
                  無我茶館ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~mugackn/
  1. 2008/04/17(木) 15:50:35|
  2. 中国茶・台湾茶情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卒業

                       卒 業
  先日、中国茶を愉しむ講座,中級コースの卒業茶会を開きました。皆様には、ぞれぞれ美味しいお茶、そしてお勧めのお茶を持って来ていただいて、淹れていただきました。全員がとても上手に淹れられ美味しくいただきました。授業の時、皆様は「美味しいお茶をいただくと、とても癒され、幸せの気分になります。」などの言葉を仰っていました。お茶の力はすごいと思いました。
 お茶を通じて、皆様とお知り合いになれて、とても嬉しく思っております。これからもどうぞよろしく御願い致します。
           
           quanti.jpg
           yazi.jpg
  1. 2008/04/09(水) 17:26:43|
  2. 趣味講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本の出版についてご紹介

                    本の出版についてご紹介
        ~『基礎知識から茶藝師資格まで もっと知りたい中国茶の世界』~
 茶文化研究家・中国国際茶文化研究会栄誉理事、上海市茶葉学会会員・ティーサロン「薫東庵」主宰、湯浅 薫先生が出版する予定の本をご紹介させていただきます。
 本のタイトル『基礎知識から茶藝師資格まで もっと知りたい中国茶の世界』中国茶および中国茶文化に関心をもち、気軽にきちんと、基本の知識をもちたいという方々のために!
 この本は中国茶および中国茶文化のことを、広く浅く、わかりやすくガイドした本の必要性を痛感した次第です。したがって、この本はポイントを覚えやすいコンパクトなものとし、日本の茶文化との関連についても述べ、中国茶の国家資格についても紹介して、必要な知識の要点をまとめています。本として楽しく読める工夫をし、読者の立場に立って各種の中国茶資格の取得についても体験し、その経験も生かして書いています。主要な茶葉と水色、あるいは茶種の等級比較を示すカラー写真等も掲載し、中国の用語はすべて「よみがな」を表記、要所にはコラム・写真・図版・各種注解・年表なども折り込み、楽しみながら読んで、見て、理解できる内容と編集になっています。
中国茶を身近に知り、お茶の文化の原点を理解していただく助けになればと幸いと思っております。
☆ 出版に関するデータは以下の通りです。
書名 『基礎知識から茶藝師資格まで もっと知りたい中国茶の世界』  著者  湯浅 薫
発行所 株式会社牧歌舎     発売元 株式会社星雲社
ISBNコード978-4-434-11848-7  C0076       定価 (本体1200円+税)
☆ 2008年4月21日より全国書店にて発売  ネット検索は、著書名・出版社名・著者名で――
 ここに紹介させていただいた湯浅 薫先生とは、先生が主宰する「薫東庵」で共に茶文化について、情報交換、文化交流、勉強、研究会を行なっていますので、紹介させて頂きました。先生から出版の苦労話などをお聞きし、その熱意が私にも伝わり大変感動しました。発売が楽しみです。以上が先生との対談でした。 

              茶書写真5
            shu4.jpg
           『基礎知識から茶藝師資格まで もっと知りたい中国茶の世界』 
            無我茶館ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~mugackn
  1. 2008/04/02(水) 12:27:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認高級茶芸技師(一級茶芸師)
中国政府公認評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する