無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

中国茶出張講座

                           出張講座
 先日、奈良で出張講座がありました。最近はずっと寒いので、身体を温める効果があるお茶、焙煎の高い烏龍茶や紅茶を持って行きました。当日はあいにく雨が降っていましたので、お客様が少なかったのですが、来られた方にゆっくりお茶を淹れさせて頂きました。
 今回もやはり茶器、淹れ方などの質問が多かったです。お茶を美味しく淹れるコツはやはり茶葉の量、お湯の温度、抽出時間だと思います。これから、中国茶を始めようと思って、どんな茶器を買ったらいいですか?という質問もありました。蓋碗、茶海、茶杯、この三つがあれば、中国茶を楽しく始めていただけると思います。蓋碗はどんなお茶にも使えて、香りも移らないのです。そして、茶海は淹れたお茶の濃さを均一にするための茶器であります。茶杯はお茶をいただく道具であります。一度、蓋碗からお茶を茶海に移し、茶杯に注いで飲みます。これから、中国茶を始めようという方は、この三つの茶器がお勧めです。これから中国茶を習いたい方は、是非無我茶館にお問い合わせくださいませ!
     
              gaiwan.jpg

     無我茶館(むがちゃかん)ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~mugackn/

    
スポンサーサイト
  1. 2008/01/31(木) 20:31:14|
  2. 出張茶会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベトナム烏龍茶

                        ベトナム烏龍茶
  ベトナムは世界で第七位の茶葉の生産国であり、輸出量は世界の茶葉輸出国で第六位を占めています。世界60前後の国と地域に輸出され、パキスタン、台湾、インド、とロシアは最も輸出量が多い国と地域であります。現在の茶葉畑は125,000ヘクタール、年粗茶生産量は570,000トン。緑茶の生産量が一番多く、そのほか烏龍茶、紅茶、茉莉花茶など15種類のお茶を生産しています。
  ベトナムのダラットの海抜1200メートルで栽培している高山烏龍茶をいただきました。茶葉の形状、味は台湾高山烏龍茶にとても似て、香りが甘く、味はとても深みがあり、焙煎は台湾高山茶よりやや高いです。
  中国茶教室で味わっていただきまして、皆さんも美味しいとおっしゃっていました。ベトナムといえば、日本ではやはり蓮茶がよく知られていますが、ベトナムの烏龍茶はあまり認識がそんなに高くないです。これから、人気が上がるでしょう!
 参考文献: 福建省茶業協作ホームページ


            yuenancha.jpg
              ベトナムのダラットの標高1200メートルの山で作られた烏龍茶
              無我茶館ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~mugackn/
  1. 2008/01/23(水) 13:28:09|
  2. 中国茶・台湾茶情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陳年烏龍茶ー19年

                          陳年烏龍茶ー19年
   台湾茶の先生、張位宜氏から19年の陳年烏龍茶、また「老茶」とも言われるものをいただきました(張先生が作ったお茶)。プーアル茶は「古ければ古い」ほど美味しい」と言われますが、実は烏龍茶も「値打ち」が上がるものが存在します。長い年月の間に、烏龍茶はゆっくりと発酵し、じっくりと旨味を蓄積して、熟成香とも呼ばれます。寝かして2,3年経ったら茶葉を取り出して烘焙を施します。更に何年か経ちましたら、また茶葉を取り出して、烘焙を直します。このような作業を何年ごとに一回繰り返します。
 先日の中国茶教室でみなさんと一緒に味わいました。10年以上の陳年烏龍茶を味わうのは私も始めてです。茶葉は焙煎高い烏龍茶で、入れる前の茶葉はすこし古い香りがしました。長年をかけて貯蔵したので、一回洗茶をしました。二煎目はみなさん誰もおいしいと言わなかったのですが、三煎、四煎、五煎、六煎になると、だんだん甘みがでてきて、とても美味しいと仰っていました。まろやかで、濃厚な味わいが広がります。飲み込んだ後に口の中に残るのような、とても深みのある味わいです。水色は琥珀色です。
 
             chengcha.jpg
                          19年の陳年烏龍茶
             無我茶館ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~mugackn/

  1. 2008/01/16(水) 13:31:24|
  2. 台湾茶のご紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緑茶ー竹葉青

                        緑茶ー峨眉竹葉青
  昨日の中国茶教室で峨眉竹葉青緑茶を味わいました。茶葉が龍井茶のように扁平で、深い緑色の炒青緑茶であります。四川省峨眉山市で生産、清明節の前に茶摘みを始めます。一芯一葉ないし一芯二葉で摘みます。味は濃く、芳醇、爽やか。水色は明るく、清い黄緑色です。
              
              zhuyeqing.jpg
                            茶を出した茶殻
              無我茶館ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~mugackn/
  1. 2008/01/11(金) 13:04:45|
  2. 大陸茶のご紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

唐代の製茶法

                    唐代の製茶法
  唐代の製茶法:陸羽の『茶経』によると、「晴天に茶摘み、蒸し、砕き、乾かし、固め、密封するのが茶葉加工の手順」であると記述しています。晴れた日に摘み取った茶葉を蒸し、柔らかくなってから砕き、粉粉の茶葉を鉄の型に入れて叩き、平たくなった茶葉を炙り乾かし固めます。一枚一枚の餅茶に紐などを通して、まとめ、最後に密封して保存します。茶を入れる時に、まず餅茶を火で焼いて水分を取り、それから石臼で粉のように挽き、篩いかけてからお湯で煮ます。
  茶、そのものは粗茶(そちゃ)、散茶、末茶、餅茶(へいちゃ)の四種類があったようです。末茶と餅茶が主流です。四種類から片茶(へんちゃ)と散茶の二種類に大別されました。片茶は餅茶の固形茶を粉末にしたもので、散茶は茶葉を加熱し製茶して末茶にしたものであります。粗茶は老けた茶葉を使って作られた餅茶であります。

          tangdaicha.jpg
                 唐代の製茶工程を真似して、作られた餅茶
         参考文献『図説中国茶』姚国坤、王存礼編 2007年1月 上海文化出版社
         無我茶館ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~mugackn/
  1. 2008/01/05(土) 12:38:58|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認高級茶芸技師(一級茶芸師)
中国政府公認評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/index.html

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する