fc2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室)

2024年「中国春新茶」入荷いたしました。

2024年「中国春新茶」(緑茶、白茶、黄茶、紅茶)入荷いたしました。

※販売ページはこちらから

白毫銀針(2024年春)
◎<頭采>白毫銀針


スポンサーサイト



  1. 2024/05/13(月) 13:01:06|
  2. 大陸茶のご紹介

開園頭采 手工 太平猴魁

開園頭采(初摘み) 手工 太平猴魁

品種 <柿大叶>
蘭のような香りが高く爽やかで豊かな味わいです。
大変素晴らしい出来栄え~

毎年大人気の「太平猴魁」、今年は全て売り切れました。
また来年をお愉しみに!

太平猴魁

  1. 2024/05/08(水) 11:17:09|
  2. 大陸茶のご紹介

開園頭采 六安瓜片

開園頭采 六安瓜片

産地<安徽省六安市金寨県麻埠鎮斉山村蝙蝠洞>

太好喝了(とても美味しいです~)
伝統製法 毎年大人気のお茶!
香りは新鮮で芳醇で高く、若々しい緑色で活気があり、味わいは豊かで甘く余韻があります。

豊かな香りで、口の中に広がる喜びを味わえます。
心を癒し、心地よいリラックス感をもたらします。

六安瓜片1

六安瓜片3
  1. 2024/05/06(月) 16:08:50|
  2. 大陸茶のご紹介

西双版納 勐宋山滑竹梁子 純野生種 古樹白茶

西双版納 勐宋山滑竹梁子 <純野生種>古樹白茶

野生茶の実生品種は、自然の環境に適応した強健な性質を持っています。
山岳地帯や森林地帯などの厳しい環境下で育つため、耐寒性や耐病虫性が高くなることがあります。

<勐宋山滑竹梁子 純野生種古樹 白茶>花香、蜜香、梅香、
茶葉から感じる爽やかな清涼感と共に、自然の野性味が醸し出されます。
4煎目以後 梅香がより一層強くなり、心地よい余韻がずっと続きます~

野生茶は、地元の気候や土壌などの特徴と共に育ち、ご当地グルメと同じようにその地域の個性を表現します。
育つ環境が異なる地域ごとに、茶葉の風味や香りに微妙な違いが生まれます。
そこには陽光や風、土壌の栄養成分などが茶葉に影響を与え、その地域ならではの独特な味わいを生み出します。
野生茶はまさにその地域の自然と文化が詰まった一杯と言えるでしょう。

野生茶2

野生種白茶1

野生種白茶2
  1. 2024/04/22(月) 15:04:38|
  2. 大陸茶のご紹介

九曲紅梅

九曲紅梅 

産地<杭州市西湖区双浦鎮灵(霊)山村>
伝統的な品種 鳩坑(きゅうこう)群体種(在来種)
製作技術の伝承はすでに200年以上の歴史があり、2009年に浙江省の<非物質文化遺産>に選定されました。

九曲紅梅茶の原産地は、杭州市西湖区の双浦鎮大塢山盆地及びその周辺地域にあり、
現在の灵山村、湖埠村(張余、馮家)、双灵村(上堡、大嶺)、杭富村、下楊村、
銅鑑湖村(仁橋)、板橋村(余家畈)、周富村(社井、上楊)の8つの村が含まれます。

この地域は錢塘江に隣接し、四方が山に囲まれ木々が茂り、朝夕には雲霧が立ち込め、
気候は温暖で湿潤、土壌は厚く肥沃で、pH値は4〜6.5であり、茶の栽培に非常に適しています。

素晴らしい出来栄え!王愛慧の一押し~

九曲紅梅 2024年
  1. 2024/04/20(土) 14:22:04|
  2. 大陸茶のご紹介

伝統製法 炭焙煎安渓鉄観音

伝統製法 炭焙煎「安渓鉄観音」

10数年ぶりに味わった伝統製法炭焙煎された「安渓鉄観音」の素晴らしい味わいに感動しました。
再びその味に出会えたことが、心に深い感慨を呼び起こしました。

安渓鉄観音炭焙煎1

安渓鉄観音炭焙煎2
  1. 2024/04/13(土) 11:06:57|
  2. 大陸茶のご紹介

西双版納 勐宋山滑竹梁子 野生古樹茶

西双版納 勐宋山滑竹梁子 野生古樹茶

鮮やかな赤色の野生古樹茶葉、
年1回のみ茶摘みし、一番シンプルな白茶に製茶されましたと製茶師からご連絡をいただきました~

昨年は手に入りませんでしたが、今年こそはと事前予約しました。

中国茶の多様性には圧倒されますね!
新しい野生茶に出会う喜びと、未知のお茶を楽しみにする期待感が胸いっぱいに広がります~

お茶が到着するまで、ワクワクして待ち遠しい気持ちで胸が高鳴ります。

野生茶2

野生茶3

野生茶1
  1. 2024/04/10(水) 11:08:06|
  2. 大陸茶のご紹介

早春有機栽培 龍生玉螺(頭采) 雲南大葉種

早春有機栽培 龍生玉螺(頭采) 雲南大葉種

産地:雲南省普洱市営盤山

芽先を摘み取り螺旋状に巻いた茶葉の形状が、白い毛を身にまとい、まるで雪玉のようであることから玉螺と称しました。
特徴:春茶には豊富なペクチンが含まれ、色合いは青緑で蘭花のような香り、味は爽やかで清々しく、余韻にも甘さが広がります。
アミノ酸やビタミンの含有量が豊富です。

2019年、「龍生メーカー」緑茶が雲南省の十大名茶に選ばれました。
2020年、「龍生メーカー」普洱茶が雲南省の十大名茶に選ばれました。
2022年、龍生茶業が「雲南省十大名茶」企業に選ばれました。

※販売ページはこちら

龍生玉螺1
  1. 2024/03/23(土) 10:51:12|
  2. 大陸茶のご紹介
次のページ

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する