無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記⑥ お寺の精進料理  

               武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記⑥ お寺の精進料理  

          武夷山の天心永楽禅寺でお手伝いしている友人にいろいろ案内していただいた後に、
              お寺の食堂に連れてもらい、お昼ごはんを一緒にいただきました。
                 もちろん精進料理です。どなたでもご利用できます。
                 好きなおかずを取って食べます。美味しかったです。
            食べた後は食堂の裏の洗い場でご自分の茶碗を洗って、食器棚に戻します。

            精進料理―1

            精進料理―2

            精進料理―3
スポンサーサイト
  1. 2018/06/17(日) 11:08:33|
  2. 中国茶の旅

武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記⑤ 岩茶製茶  

                 武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記⑤ 岩茶製茶シート 

                  岩茶の生産場所によって値段が大きく変わります。
             「三坑両澗」で作った岩茶は最も高級で一番高い価格で売れます。
          製茶する際に「三坑両澗」の茶葉は他のお茶と混ぜずにそれぞれで製茶します。
        そのために製茶シートがあり、摘む場所や・品種・時間・天候・摘み方が詳しく書かれております。

             生産カード―2

             生産カード
  1. 2018/06/15(金) 11:23:51|
  2. 中国茶の旅

 武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記④ 岩茶製茶  

                  武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記④ 岩茶製茶  

                    岩茶製茶の中で一番重要な工程は「揺青」です。
        「揺青」とは発酵を速やかに助長させて芳香成分を引き出すため、茶葉を空気にさらしながら、
                     茶葉同士を擦り付けて発酵を促進する工程です。
          以前は全て手作業でしたが、今は量産性や人手不足の為に機械での作業が多いです。
                      「揺青」をする専用の木造部屋もあります。
          作業はほとんど夜に行われるため、 温度が低い時には炭をもやし温度を上げていきます。
  
        揺青-1
        揺青-2
  1. 2018/06/02(土) 15:20:51|
  2. 中国茶の旅

  武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記③ おもてなし

                  武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記③ おもてなし  

                      昨年に続き今年も武夷山に行きました。
         烏龍茶の名産地で、観光客にも楽しんでいただけるように四つ星ホテルから普通の民宿まで、
                  部屋には必ず一式の茶器と岩茶が準備されております。
                        お茶は毎日補充してくれます。

       おもてなし
                      部屋の中に準備されてある茶器一式とお茶
  1. 2018/05/31(木) 10:33:39|
  2. 中国茶の旅

武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記② 夜食

                    武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記② 夜食       

                   岩茶作りはお茶作りの中では一番大変です。
              長い時間を要し、お茶の時間に合わせて行動することになります。
         製茶期間はどこも職人が少ない事もあり、交代がなくほぼ徹夜で眠ることも出来ません。
                      夜中1時ぐらいに必ず夜食を食べます。
                  今回、農家のご好意により夜食をごちそうとなりました。
                        メイン料理はザリガニです(笑)。
                 美味しいですが、唐辛子をたくさんが入って辛過ぎて・・・・

              夜食―1
                  メイン料理はザリガニ、鶏肉・胡瓜のお漬物・こんにゃく・チャーハン

              夜食―2
        食後のデザートはヤマモモをいただきました。5月・6月は旬で甘酸っぱく、すごく美味しいです。
  1. 2018/05/28(月) 15:52:40|
  2. 中国茶の旅

武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記① 山の幸

                 武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記① 山の幸

                     今年も去年に続き、武夷山に行ってきました。
               山に登ると山苺がたくさんあります。甘くてとても美味しいです。
                         地元の方もよく食べるそうです。

               山苺-1

               山苺―2
  1. 2018/05/27(日) 10:38:12|
  2. 中国茶の旅

武夷山岩茶製茶

                               武夷山製茶

                     今年も去年に続き、武夷山に行って参りました。
                 現地では新しい発見や感動、パワーをたくさんいただきました。

                             岩茶製茶―重労働
                1杯の美味しい岩茶の裏には困難がたくさん、苦労もたくさん!
  製茶に携わっていない私はお恥ずかしいながらも、職人のご苦労を写真を通じて皆様にお伝え出来ましたら嬉しく思います。
                      お茶をもっと大切大切にいただきましょう!

            2018年岩茶製茶現場の苦労の様子を写真を通じて、皆様にご紹介したいと思います。
         2018年製茶現場―7
         2018年製茶現場―6
       2018年製茶現場―8
      2018年製茶現場―9
  1. 2018/05/23(水) 13:16:16|
  2. 中国茶の旅

武夷山、桐木关麻粟の旅

                            武夷山、桐木关麻粟の旅

                   武夷山と桐木关の最高海抜麻粟の旅、無事に終わりました。
               茶農家さんに泊まり、毎晩深夜まで製茶と試飲、貴重なお話しも沢山聞けて、
                        今までのお茶旅では最高の収穫でした。
                        また後日に旅の話は詳しく報告致します。

            IMG_3244.jpg

            IMG_4664.jpg

            IMG_3623.jpg

     IMG_4666.jpg

     IMG_4491.jpg

           IMG_4671.jpg

  1. 2018/05/09(水) 11:15:43|
  2. 中国茶の旅
次のページ

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する