FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

2018年 中国各地 名山茶園巡り

                       2018年 中国各地 名山茶園巡り 

                5月の 福建省 武夷山と桐木関麻粟
                7月の 雲南省 西双版納 南糯山・倚邦正山・曼松・蛮磚・勐海など
                8月の 貴州省 纳雍と遵義習水


                2018年 中国各地での名山茶園巡り、無事終了いたしました。
           各地の茶農家や茶友に大変なおもてなしをしていただき、心より感謝いたします。
                  聞いたこと・見たこと・味わったこと・体験したこと
                       私にとってはすべて宝物です。
        今後の授業でも現地で得た貴重な情報や知識を皆様と共有して行きたいと思います。

                明日8月11日~16日 はお盆休みをさせていただきます。
しっかり身体を休養し、8月17日と18日の「雲南省西双版納のお茶会」で皆様とお会いできますのを楽しみにいたしております。

              IMG_2811.jpg
                             ◎樹齢千年の茶樹   

              IMG_2812.jpg
                             ◎樹齢300年の茶樹

              IMG_2814.jpg
                        ◎海抜2,100m無肥料無農薬原生態茶園 

       IMG_2815.jpg
                            ◎樹齢千年の銀杏の木

       IMG_2813.jpg
                       ◎貴州省 山々に囲まれた無農薬無肥料の茶園

                
スポンサーサイト
  1. 2018/08/10(金) 14:26:24|
  2. 中国茶の旅

老班章 古樹普洱茶園 地鶏鍋

                     雲南省西双版納(シーサンパンナ)古樹茶園のお茶旅
                        ~老班章 古樹普洱茶園 地鶏鍋編~


           先月の7月10日~15日の期間、雲南省西双版納へ感動的なお茶旅に行って参りました。
                今回は傣族,彝族,哈尼族の農家の家で郷土料理をいただきました。

         今回「老班章」茶農家哈尼族の忠さんとご家族のご厚意で「老班章」古樹普洱茶園の虫などを食べて
                  半野生で育った地鶏をさばいて、鍋で食べさせていただきました。
                 老班章のお茶栽培地域はミャンマーの国境付近、標高は1700-2000m前後、
   忠さんのお話によると標高が高いため、鶏は成長が遅く、今回いただいた鶏はなんと2年間をかけて育てたそうです。
                 クコのみ、ナツメ・龍眼と西洋人参などの漢方食材でお出汁を取り、
  地鶏と野菜を一緒に煮込んだ鍋は最高に美味しかったです。鶏の臭みが全くなくアクも出ないほどスープが澄んでいました、
                 好きな調味料や薬味、もしくは塩のみでつけて食べます。
                 忠さんのご家族最高のもてなし、心から感謝いたします。

      IMG_8609.jpgIMG_8628.jpg
      IMG_8635.jpgIMG_8637.jpg
                    IMG_8663.jpg
  1. 2018/08/08(水) 12:18:20|
  2. 中国茶の旅

雲南省西双版納(シーサンパンナ)古樹茶園のお茶旅。 ~郷土料理編~

                   雲南省西双版納(シーサンパンナ)古樹茶園のお茶旅
                              ~郷土料理編~


           先日の7月10日~15日の期間、雲南省西双版納へ感動的なお茶旅に行って参りました。
                今回は傣族,彝族,哈尼族の農家の家で郷土料理をいただきました。
                       とても素朴な味わいで大変美味しかったです。
                 ただ西双版納は湿気が高い為にどの料理でも唐辛子を入れます。

         また山の奥では都市ガスが通っていないため、主に薪で、もしくは電気でご飯を作っています。
                   原始的な生活で、とても素晴らしい経験となりました。
 お食事中にいろいろな会話しまして、私たちはどれほど恵まれている環境の中で生活をしていることの有難さを実感しながら、
               日々もっと感謝の気持ちを持って生きて行かなければと改めて思いました。

         お料理1お料理2
         お料理3お料理4
        お料理7
                 お料理6
  1. 2018/07/25(水) 11:21:18|
  2. 中国茶の旅

雲南省西双版納(シーサンパンナ)古樹茶園のお茶旅。

                   雲南省西双版納(シーサンパンナ)古樹茶園のお茶旅。

             今回の7月の雲南省のお茶旅はは人生の今までで一番大変なお茶旅でした。
      関西空港―西双版納(ガサ空港)までの飛行機も2回乗り換え、搭乗時間も長いのはもちろんながら、
   現地でも山の奥に行くのにガタガタな山道を車で4時間、泥の道をバイクで1時間、徒歩で40分と凄まじい道のりでした。
   ですが、現地の茶友のおかげで大変良い経験もさせていただき、収穫の多い感動、感動、感動のお茶旅でした。
           また現地での様子はこのブログでも掲載させていただきたく思っております。

             IMG_2726.jpg

             IMG_2727.jpg

             IMG_2728.jpg

             IMG_2730.jpg

             IMG_2734.jpg

        IMG_2732.jpg

        IMG_2729.jpg

        IMG_2733.jpg


  1. 2018/07/15(日) 11:10:51|
  2. 中国茶の旅

武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記⑥ お寺の精進料理  

               武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記⑥ お寺の精進料理  

          武夷山の天心永楽禅寺でお手伝いしている友人にいろいろ案内していただいた後に、
              お寺の食堂に連れてもらい、お昼ごはんを一緒にいただきました。
                 もちろん精進料理です。どなたでもご利用できます。
                 好きなおかずを取って食べます。美味しかったです。
            食べた後は食堂の裏の洗い場でご自分の茶碗を洗って、食器棚に戻します。

            精進料理―1

            精進料理―2

            精進料理―3
  1. 2018/06/17(日) 11:08:33|
  2. 中国茶の旅

武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記⑤ 岩茶製茶  

                 武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記⑤ 岩茶製茶シート 

                  岩茶の生産場所によって値段が大きく変わります。
             「三坑両澗」で作った岩茶は最も高級で一番高い価格で売れます。
          製茶する際に「三坑両澗」の茶葉は他のお茶と混ぜずにそれぞれで製茶します。
        そのために製茶シートがあり、摘む場所や・品種・時間・天候・摘み方が詳しく書かれております。

             生産カード―2

             生産カード
  1. 2018/06/15(金) 11:23:51|
  2. 中国茶の旅

 武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記④ 岩茶製茶  

                  武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記④ 岩茶製茶  

                    岩茶製茶の中で一番重要な工程は「揺青」です。
        「揺青」とは発酵を速やかに助長させて芳香成分を引き出すため、茶葉を空気にさらしながら、
                     茶葉同士を擦り付けて発酵を促進する工程です。
          以前は全て手作業でしたが、今は量産性や人手不足の為に機械での作業が多いです。
                      「揺青」をする専用の木造部屋もあります。
          作業はほとんど夜に行われるため、 温度が低い時には炭をもやし温度を上げていきます。
  
        揺青-1
        揺青-2
  1. 2018/06/02(土) 15:20:51|
  2. 中国茶の旅

  武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記③ おもてなし

                  武夷山と星村鎮桐木关村麻粟の旅 日記③ おもてなし  

                      昨年に続き今年も武夷山に行きました。
         烏龍茶の名産地で、観光客にも楽しんでいただけるように四つ星ホテルから普通の民宿まで、
                  部屋には必ず一式の茶器と岩茶が準備されております。
                        お茶は毎日補充してくれます。

       おもてなし
                      部屋の中に準備されてある茶器一式とお茶
  1. 2018/05/31(木) 10:33:39|
  2. 中国茶の旅
次のページ

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する