FC2ブログ

無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

雲南省西双版納料理 大好き

                      雲南省西双版納料理

                   昨年、雲南省西双版納に行ってから、
                   西双版納の料理が大好きになりました。
          滞在中には現地の方の案内で地元で大人気のお店に連れていただき、
                  西双版納料理をいっぱい堪能しました。

    雲南省料理4

雲南料理3

スポンサーサイト
  1. 2019/06/17(月) 10:19:04|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

岩茶一杯の大切さ

                           岩茶一杯の大切さ

                 種類によって味や香りに様々な特徴がある烏龍茶。
          製茶工程は大変複雑で、その中でも最も複雑で製茶ロスが多いのは「岩茶」です。
        複数の工程を経て出来た「毛茶 (荒茶)」は焙煎する前に選別をしなければならなりません。

     「毛茶」から茶梗(茎)や黄片(生長し過ぎて硬い葉)、砕末(粉末)の3~4割ほどが選別され捨てることになり、
            選別された「精茶」を更に数回焙煎する際も、砕けた粉末は「商品茶」になれず…

                 このように岩茶製茶過程は非常に複雑でロスが多いです。
   
            岩茶選別-1
  1. 2019/05/17(金) 12:30:40|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

冰島老寨茶樹王(樹齢800年) 2019年生産分プーアル茶 現金で一括払い

                      冰島老寨茶樹王(樹齢800年) 
                2019年生産分プーアル茶 現金で一括お支払


                 雲南省臨滄茶区の冰島老寨茶樹王(樹齢800年)が
         2019年生産分プーアル生茶により88万元(日本円1元18円計算 1584万円)を
         頭金を事前払いで、残り代金は茶摘み当日支払いの条件で落札されました。
              レンガのように積み上げられた100元札束、現金で一括払いです。

               これは中国茶愛好家の間でも大変話題になっております。
             自分も中国人ですが、やはり中国人はスケールが大きいですね(笑)。

            冰島古樹1
         冰島古樹2


  
  1. 2019/04/10(水) 11:08:49|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

搾菜(ザーサイ) 収穫最盛期

                     搾菜(ザーサイ) 収穫最盛期

           中国のお漬物搾菜(ザーサイ)が大好きな私はお恥ずかしながら、
          貴州省が搾菜の名産地であることを昨年貴州省に行ってから初めて知りました。
             搾菜(ザーサイは)は地元の方は「棱角菜」と呼んでいます。

                    ただいま搾菜は収穫の最盛期です。
         今年は豊作ですが、農家の方々は販売先が見つからなくて大変心配していました。
               地元政府の協力で、何とか販売先が見つかったそうです。
               販売が出来るかどうか、これは農家の死活問題です。
                       本当に良かったです。

                皆様もこれからもっと搾菜を食べましょうね~(笑)。
   
        ザーサイ1
   ザーサイ2ザーサイ3
         IMG_4041.jpg
  1. 2019/03/02(土) 14:44:49|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

楽しい旧正月 

                          楽しい旧正月

              実家で楽しい旧正月が終わり、無事帰国いたしました。
    母が作った蒲公英の豚まんや海藻の豚まん、海鮮餃子などごちそう料理をいっぱい食べました。
                        贅沢なお正月でした。

     2019年旧正月42019年旧正月3
           2019年旧正月1IMG_2884.jpg
  1. 2019/02/20(水) 12:12:55|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

サボテン酒

                            サボテン酒
 
          貴州省はお酒(白酒)の産地としても大変有名で、18世紀ごろから作られています。

                    昨年、貴州の古樹・野放茶を巡る旅では、
                   茶友のご用意でお酒の生産工場も見学しました。

                 新作の「サボテン酒」は大変体に良いと聞き、
                   全くお酒が飲めない私も少しいただきました。
             白酒には大きく「醤香」と「濃香」という2つの香りがあります。
         この「サボテンお酒」は醤香の香りで白酒らしい風味がとても強く、重い味わいです。

              サボテン白酒2
              サボテン白酒1
  1. 2019/01/30(水) 12:03:37|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

浙江大學 茶花から採取したエキスでお化粧品に成功

                浙江大學 茶花から採取したエキスで化粧品作りに成功

                   浙江大學の屠幼英教授チームの研究で
   茶花から採取したエキスで保湿美容液、ハンドクリームやパック、ハンドソープなどの化粧品作りに成功しました。
                今まで捨てられてきた茶花は宝物に変わりました。

     屠幼英教授チームの研究によると茶花は豊富な多糖類や、ポリフェノール、フラボノイド、サポニンなど
          たくさんの健康成分が含まれていて、人体に抗酸化、抗菌・抗ウイルス作用、脂肪を減らし、
       コレステロールの血糖を調節、腫瘍を予防し、美白などに一定の効果があると発見されました。

                 茶花は健康茶として近年中国でも売られていて、
                     飲んでも健康に良いと思われます。

               茶花3
               茶花1
        茶花2

  1. 2019/01/18(金) 09:53:35|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

貴州省岩石蜂蜜

                         貴州省岩石蜂蜜

                  原始森の中、崖や絶壁の上に養蜂しています。
               森の中の動植物は4000種類近く、希少野生動物は1600余り、
         国家レベルの自然保護区、国家レベルの森林公園、国家の4A級の観光地です
             ミツバチは、森の中の約600種類の生薬の花から採取した蜜です

     このような環境下で醸造する蜂蜜は、含まれる天然の栄養成分が一般の蜂蜜よりかなり多いです。
    1年に採取するのは1回だけで生産量は少なく、糖分は低く、純度は高く、一般の蜂蜜よりさらに濃厚です。

                 この蜂蜜を飲み始めてから私は体重が6キロ減りました
               教室に来られた皆様からは「すごく痩せましたね」と言われます。
             別にダイエットはまったくしていません!今まで通りに生活をしています。
                    この蜂蜜のお蔭だと思います(笑)。

    岩石蜂蜜
                          貴州省岩石蜂蜜
  1. 2019/01/16(水) 11:46:10|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧
次のページ

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認 一級茶芸師
中国政府公認 一級評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する