無我茶館で中国茶

天王寺  「無我茶館」へようこそ(中国茶販売・中国茶教室・出張茶会)

勉強会②(中国杭州にて)

                            勉強会②(中国杭州にて)

               中国杭州での8日間の合宿勉強会、無事終わり帰国致しました。
      今回は新品種、新工程、老茶、民間コンテストで受賞したお茶などたくさん飲ませていただきました。
              また中国茶講座で皆様にもいろいろ試飲していただきたいと思います。

              IMG_1889.jpg

              IMG_1890.jpg


スポンサーサイト
  1. 2017/08/23(水) 11:38:35|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

勉強会(中国杭州にて)

                           勉強会(中国杭州にて)

           先日より勉強会のために中国杭州に来ています。既に合宿勉強会も後半になりました。
          朝9時から夜8時半まで。1日20〜30種類の中国茶をテイスティングしています。
                珍しいお茶、高級茶ばかり。大変勉強になっています。

              IMG_1879.jpg

              IMG_1880.jpg

              IMG_1881.jpg

        IMG_1882.jpg
             IMG_1883.jpg
  1. 2017/08/19(土) 11:25:31|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

猛暑から茶樹を守る方法とは?

                       猛暑から茶樹を守る方法とは

               昨年に続き、今年も中国各地では連日猛暑が続いており、
               高温の影響で茶葉が焼けてしまう被害が拡大しております。
      一部の茶園では昨年の教訓を元に今年は茶園の中で苦瓜、瓢箪、へちまなどの植物を植え、
            茶樹を覆うような緑のカーテンが出来るような試みを行いました。
                  その結果、今年は茶葉はまったく焼けておりません。
                   猛暑から茶樹を守るには大変いい方法ですが、
                全ての茶園に植物を植える事は難しいという課題もあります。

          茶園を守る-1
                 瓢箪や糸瓜、苦瓜などを植えている杭州の龍井茶園

          茶園を守る―3
            植物を植えているところは緑のカーテンにより、茶葉が全く焼けていません。
             植えていないところは茶葉が焼けてしまっているのが一目瞭然です。
 
  1. 2017/08/17(木) 11:39:41|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

2017年お盆休みのお知らせ

                         2017年お盆休みのお知らせ 

        2017年8月11日(木、祝)及び8月13日(日)~16日(水)の間、お盆休みとさせていただきます。
              なお8月12日(土)及び8月17日(木)からは通常通り営業を行っております。
    また、お休みの期間中にご連絡いただきましたメール、お電話等に関するお返事は8月17日(木)以降となります。
         皆様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

                 茶会2
  1. 2017/08/10(木) 17:40:49|
  2. お休みのお知らせ

子供のお茶教室

                            子供のお茶教室
 
                  日本では近年若者によるお茶離れが加速しております。
       中国では次世代の子供たちがお茶離れをしないように、そして伝統文化を守って行けるように、
     中国政府の要請で<浙江省の杭州>や<安徽省の黄山>などの茶友たちは子供たちの夏休みを利用して、
                  子ども向けのお茶教室を無料で開いてしております。
                     教育はやはり小さい頃から大事ですね~。

  子供お茶教室―2子供お茶教室-1
                       子どものお茶教室―浙江省の杭州にて

                   子供お茶教室―3
                       子どものお茶教室―安徽省の黄山にて
  1. 2017/08/09(水) 10:26:46|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

豪華中華料理と高価なお茶

                       豪華中華料理と高価なお茶

               今年7月に深圳で行われた「国際武林闘茶大会」に参加した際に、
      深圳で「老茶」のお店を経営し「老茶協会」の会長でもある「呉烔耀氏」に夕食を御馳走になりました。
      ゴルフ場の中にある高級レストランで、広さ100平米の豪華な個室で「スッポン鍋」、「ツバメの巣」など
                 普段口にしない高級中華料理をたくさんいただきました。

                  また「呉氏」のお店では1988年のプーアル生茶
            純銀のヤカンで「呉氏」が研究した独自な淹れ方で淹れたいただきました。
           値段をお尋ねしましたら1枚(357g)で円に換算すると約150万円です。
     同行された皆様はきっと私と一緒で日本に戻って一ヶ月経った後もこの体験は印象深く残っております。
                お茶を通じての素晴らしい出会いと体験、本当に感謝いたします。

           1988年生餅
            IMG_9084.jpg
                             1988年生プーアル茶
  1. 2017/08/06(日) 09:01:20|
  2. 中国茶講師ー王 愛慧

2017年東方美人、文山包種 再入荷

                      2017年 「東方美人」「文山包種」 再入荷

                 例年人気の「東方美人」と「文山包種」が再入荷いたいしました。
                  「東方美人」は蜂蜜を思わせる豪華な香りと甘い余韻。
                  「文山包種」は花香の後にすっきりとした 味わいが続きます。
                          どちらも大変オススメです。
                 お買い求めの方はお早目に!無料試飲も行っております。

                      ・文山包種(50g) 台北産     2000円   売切れました
                      ・東方美人(50g) 苗栗県産   2400円 


             東方美人
                                 東方美人
  1. 2017/08/04(金) 10:46:43|
  2. 中国茶・台湾茶入荷、在庫状況

干ばつによる茶園被害拡大  深刻

                         干ばつによる茶園被害拡大


        干ばつによる茶園被害は浙江省のみならず、安徽省も深刻な状態に落ちいてます。
                ひどいところが木が枯れてしまったケースを相次いでいます。
                  来年は間違えなく生産量が減り、値段が高騰するだろう。

        IMG_9156.jpg

           IMG_9154.jpg
                     安徽省の茶園を持っている友達が送ってきた写真
  1. 2017/07/30(日) 09:53:50|
  2. 中国茶・台湾茶情報
次のページ

プロフィール

中国茶文化について

Author:中国茶文化について
「無我茶館」 王 愛慧のプログ
中国茶葉学会栄誉会員
中国政府公認高級茶芸技師(一級茶芸師)
中国政府公認評茶師
国際武林闘茶大会 国際佳茗大使
国際武林闘茶大会 委員

台湾張迺妙茶師記念館館長張位宜氏、
中国茶葉博物館の研究員茶道文化専門家周文棠先生、
中国農家院茶葉研究所 虞富蓮教授、
浙江大学生物技術学院 湯一副教授、
茶文化研究家 中国国際茶文化研究会栄誉理事 湯浅 薫先生
指導の下で中国茶を学びました。
中国茶文化などについて、紹介していきたいと思います。
 
お茶教室、イベンドなどについて詳しくはホームページへhttp://mugachakan.jp/

「無我茶館」
大阪市天王寺区大道1-5-13東和天王寺ビル8F
tel&fax 06-6772-7650
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日・祝日

出張お茶会、茶道講座もございます、どうぞお気軽にご相談ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する